Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

カテゴリ: ファームレター

我が家の田んぼの整備事業が始まりました。
トラクターやコンバインが入って作業するには小さくて効率の悪かった田んぼが
何枚分も畦が取り払われて、大きない4枚の田んぼになります。

PAP_0492

重機が何台も入ります。

PAP_0490

夕方撮影したのでよくわかりにくいですね


当然ですが、畦は広くなり、水路は崩れない、ガッチリとしたコンクリートのトラフで
截然とした姿になります。


水草の根で覆われた、底土を救うとドジョウがたくさん出てくる。
透明な水の流れていた用水路。
私はとても好きでした。


本州では夏らしくもなく涼しいと聞きますが、北海道は昨日もモワッとするようなぬるい空気と風でした。

SN3R0314りんごちゃんも少しづつ大きくなっています。


 夏はひたすら・・・・・雑草との根競べです。
キレイに草を抜いた畑も、ほんの2日で緑色がチラホラ・・・・


夫は田んぼの畦で、日がな一日草刈りしていても終わりません。





SN3R0317初ものです 

 ブルーベリーも今年は遅いです。


 


今日は涼しい・・・・いえ、ちょっと寒いかな

久しぶりのブログです。
基本、毎日記録したいのですが、くじけて寝てしまう毎日・・・





19,20日は、昨年、私の初!大阪で、おじゃました学校

大阪府立阿倍野高校の女子4名がやってきました。


全員がめづらしくも、初、ジェット機で

北海道に来たのも初めて、という生徒たちでした。


人見知り・・・・というように、大阪の子にしては大人しい子たちでした。
・・・・というか、初対面の他所のお家でそうそう、高校生が流暢に話せるわけもないですよね。



今回はなぜかわけあって、仕事後の夕方に、こんなことも・・・・





CIMG4271



はい、北海道発祥の、パークゴルフです。

近所の丸加山という丘に、放牧している牛や羊を見せに来たのですが、
なぜか、どちらもいない・・・・
菜の花も散ってしまったし、あんまり悔しいので、北海道ならではのスポーツにチャレンジさせたのでした。



CIMG4270 芝を読む、・・・フリ(どこもかしこもラフ状態





CIMG4293いつものうどん作りでしたが

 驚くほど 上手な子たちでした。
 ホント。食いっぱぐれても、麺屋さんできるくらい
 上手に作ろう!という気合たっぷり。

 料理はやはり気持ちの在りようでしょうかね。



 私自身が、お泊まり体験に慣れてきたのか??


CIMG4298

 花火をする余裕もありました。

 花火よりも、その後の 「りんご園、大!肝だめし大会」 の方が大いに盛り上がりましたけど(笑)

 大阪の街中の高校生。  真っ暗闇なんて経験したことないもんね



 本当に短いお付き合いです。

 別れは悲しかったね。

25日、日曜日は
札幌の平岡中央中学校の2年生が朝から夕方までの1日農業体験でやってきました。

我が家に来たのは女子4人。

5月後半から10月にかけて色々な子供達がやってきます。
私たちにとっては大勢の子供達ですが
一人ひとり、それぞれが
将来農業に関わらないかぎり、一生に一度だけの経験になるかもしれない。

だから、その一回一回を大事にしたい。


私自身が、一度きりになるかもしれない出会いに、忘れられない思い出を作りたいと願っているのかもしれません。



札幌には「平岡中学校」と「平岡中央中学校」があり、
区別するのに、平岡中が、ヒラチュウ・・・・
平岡中央中が、ラオチュウ・・・・と呼ばれているそうです。

なんか、お酒の名前みたい(笑)


今回の女子4人が、4コマ漫画を地で行ってるような面白い子達でした。

田植えがものすごく気に入ったらしく、・・・・というか泥の感触が気に入ったらしく

わざわざ泥の中に膝をついてみたり、お互いの足にくっっつけあったり
幼児みたいにはしゃいでました。

身近に見る牛や、ハルユタカで焼いたパン、自分たちで練ったミルクジャムも
新鮮だったようです。

学校のカメラを撮っていたので、最後に一緒に写した写真以外、手元に残らなかったのが残念です。

「個人的にまた来る〜!」と、・・・・この言葉は魔法だ。




そして、今日も今日とて、
地元、滝川第二小学校五年生の「田植え」です。

今年は我が家でいつも提供している田んぼが整備事業に入るので
他の農家さんの田んぼを使いました。


田んぼに入る前は、
「とにかく虫が大っきらい!!アリもチョウチョも全部ダメ!」と半ベソの女子や
「泥に入るなんて有り得ない!」と叫んでた男子もたくさんいて

田んぼに足を踏み入れた時は
ジェットコースターが落ちる時くらいの絶叫!!をあげていましたが

BlogPaint 真剣・・・


BlogPaint 投げた苗をナイスキャッチ!


BlogPaint 泥んこだぜ!イエーイ!

DSCF2589 どこまで沈むか・・・・



BlogPaint泥んこは、座って流そう〜(超!笑顔)

DSCF2604 おばあさんは、川で洗濯

DSCF2598 アゲハが留まってくれたの


お天気も良く (子供達が帰った後、思いっきり雨が降りました)

田植え日和でした

ちなみに・・・・虫大嫌い!!の子は、最後まで田んぼに入っていましたね。




すっかり更新が遅れました。

CIMG3729
バケツは・・・・
ひっくり返して










DSC00085はい、雪あかりです。

初めて作りました










2日、3日と兵庫県の高校生が冬の修学旅行で「ファームイン」に来たのです。
私たちは冬の体験を「しんしん体験」と呼んでいます。
この前後が大吹雪だったり、しばれが強かったりで心配しましたが
生徒たちの日ごろの行いが良かったのか
久しぶりに穏やかな日となりました。

冬に何をさせるか・・・・・

雪遊びです。ひたすら雪遊びです。

私達、雪国の人間にはもはや解らない感覚ですが
非常に面白いらしいのです。

まずは、かまくら作り、
入り口は狭く、奥の深いのができました。
気温が高めだったので雪が粘って作りやすかったですね。

そして

CIMG3723雪上ダイビング・・・

女の子はとにかく画像に残したがります。
いちいちカメラを撮っては大騒ぎしておりました

何疲れたって・・・雪の中で転げまわって大笑い、
動けなくなった彼女らの救出です

そして、スキーより面白かったという
ソリ滑り、尻滑り

CIMG3726何度でも登る彼女達


カメラ係の私はシバレで指がシャッターにくっつきそうで
した。

この日は夫が農協で仕事があったので私一人。
夕食は簡単で関西の子にウケの良い
海鮮丼 & チーズフォンデュ (すごい組み合わせ)

生の海鮮物を買うときは、いつも地元の山田水産さんへ行くのですが
この時期は、プリップリのゴッコや私がOL時代に居酒屋さんでよく食べたハッカク、おでんに入れたいタチなんかが並んでいて、そっちに目が行っちゃいました。

ああ・・・食べたい  


チーズフォンデュは薪ストーブの上でニンニクたくさん鍋にすりこんで
牛乳とコーンスターチ使って生徒達にコネコネしてもらいます。
北海道のチーズはくせがなくて万人向きですね。

高校生は宵っ張りで遅くまで起きている子が多いものですが
さすがに寒さの中転げ回ったのと、お腹ポンポンになるまで食べたので
夜は早い時間に静かになっていましたね


またおいでね






先週の事ばかり書いていたら過去日誌になってしまいますね

主に修学旅行生の農業体験を請け負っている「そらちdeい〜ね」の
滝川の世話人をやっているわけですが
今日は滝川の組織のお母さん達と、北空知の農家のお母さん方の組織元気村、夢の農村塾 「ままSUNクラブ」との交流会をしました。
ままSUNクラブの女性達はとても明るくて元気
地元食材でオリジナルレシピを作ってコンテストで優勝したり、
色々な活動をしています。


滝川の組織では男性がほとんどを取り仕切り、女性同士が顔を合わせて話をする機会がほとんどありませんでした。

けれども、家庭で子供たちを預かる時、食事や寝具の用意、掃除など
子供たちの生活の部分を支えるのは女性の肩にかかっています。
一番大変な部分は女性の役目。

男性にはなかなか分からない悩みや気苦労も絶対あるはずです。


「女性だけでざっくばらんに話ができる機会をつくりたいな〜」


そこに、ままsunクラブのMさんから交流会のお誘い
願っても無い事でした

私がスケジュールが詰まっていたり、自分が取り組んでいる事業の準備にも追われていましたから、内容はMさんに一任し、
会場での食事もお弁当を頼みましたが、
やはり・・・農家ですからね〜
食べ物のクオリティだけはこだわる私・・・
祖母直伝の現代風すいとん汁と、りんごだらけのケーキを焼いて行きました(私の差し入れ料理の十八番です。)

11時から15時まで
長いかな・・・と思いましたが、実際はあっという間で話はつきず、
むしろ足りないくらいの楽しい時間を設ける事ができました



昨日の続きです。
ミルトコッペのパン屋さんを後にして
本来の用事を果たすべく南へ向かいました。


これをお届けに・・・

CIMG3477


 國學院大学短期大学部の初等教育学科の稲作体験。
予定を変更して4コース目を座学にして、稲ワラ工作もしようということになりました。
しかし!!地元で稲ワラを扱える人が見つからないという事態に

そんな時に、たまたまいらっしゃったりんごのお客様に
子供の頃、毎日稲ワラで兄弟のわらじを作ってから学校に通っていたという、元教師のおじいちゃまが現れたのでした
しかも、お年を召した現在は、そういったボランティア活動で小、中学校から引っ張りだこの生活を送っていらっしゃるとのこと


不躾な突然の申し出にもかかわらず、しかもお住まいは離れた岩見沢だというのに、快く講師を引き受けてくださり、トントン拍子で話が進んで行ったのでした
なんて幸運なんでしょう〜


稲ワラ工作のためにはワラの下準備が必要だそうです。
ワラを木の棒などで打って柔らかくし、きれいにすいて扱いやすくします。


ご自宅に到着すると、ご夫婦がにこやかに出迎えてくださいました。

ワラを置いて、すぐに帰るつもりが、ちょっとコーヒーでも・・・・と
お家に上がらせて頂いた上、

CIMG3479
 
 実演・・・・・

まずはいとも簡単に(見える) 縄を編んでくれましたが、

 足の指に引っ掛けたワラを二つの細い束に分けて
両手のひらで二本を各々同時にねじりながら、そのねじった二本を
一本に巻いていくのです(この説明じゃわかりませんよね

私から見れば、単にワラを両手でこすっているようにしか見えません。
ぼさぼさの稲わらが、とても丈夫な紐に変わっていきます。
あたりまえのことなのですが、自然にある材料が人間の手だけで道具に変わっていく。
人間の手ってすごい。
変化させていく原理を考えた頭ってすごい。
モノ作りの原点に帰った気持ちになりました。

でも・・・やってみたけど難しい〜


ついでに・・・・と奥様が
私にも何かと・・・

CIMG3481


わらじ作りを教えてもらいました。
CIMG3480


CIMG3486


 形を揃えてもらいながら、汗だくでひたすら編みます。
 片方だけなんとか完成近くまで行きました


 気がついたらお昼まで用意して下さり、
なんだか、おじいちゃんおばあちゃんのお家に行った孫状態・・・の
私でした。
本当にありがとうございました。

今日は宿題のもう片方を家で作る予定でしたが、
午前中の農協での会議から帰ってお昼を作ったら

・・・・・・ネコ並みに、ソファーで熟睡してしまいました
・・・・気づけば夕方

貴重な午後が
なんのための土曜日か・・・・・

忘れないうちに作らないとね






國學院大学久我山中学校
男子部5名のファームステイ、2日目です。

昨夜は何時に就寝したのか知りませんが、ちょっと、ぼ〜っとした顔の5人です。気温も朝から25℃と高い高い

しかし、容赦なく、午前中の涼しい時間は働きましょう。
といっても・・・・働くうちに入りませんが

ちょっと時期が早くはありますが、りんごの葉摘み体験です。
品種は「さんさ」
実に重なってついている葉を取り除いて陽の光が実に当たるようにします。
葉の葉緑素で糖分を作りますから、葉を取り過ぎるとリンゴは美味しくなくなるし、だからと言ってとらなくても甘くなりません。
リンゴ一個一個を見ての作業。本当に手のかかる作物です。
熟す前のリンゴをかじってもらって、酸っぱさ、粉っぽさを実感してもらおうと思ったら
「今頃東京で買うりんごよりよっぽど美味しい!」・・・ええっ
・・・・確かに1年中りんごが出回ってる時代です。
今売られているリンゴはハッキリ言って、1年前に収穫されたリンゴ・・・・
美味しいわけないよね。


スイカとすももで休憩タイムした後は

CIMG2924 かなえたい夢第2弾

 









菜種収穫後の畑をちょっぴりおこしてもらいました。
怪我させまいと、夫はヒヤヒヤものですが、男の子、こういうの大好きなのです。

さてさて、お昼は・・・・・ハイ、もちろん自分で作りましょう!
というわけで、我が家恒例の「うどん打ち」です。

BlogPaint

地場産小麦、お手製うどんをお腹いっぱい食べた後は
いざ!畑へ出発!


ゴボウ・・・・そうそう体験できませんよ。
BlogPaint
 
 その場でゴボウの先っぽを折って食べてもらいます。
 収穫したての野菜は、ゴボウであってもみずみずしく、甘さを感じるものなのです。

 とにかく生で食べる!
ニンジン、トマト、ルバーブ、ブラックベリー、とうもろこし、木イチゴ
ほうれん草、ふだんそう、ルッコラ、
お猿さん並みに食べっぱなしです
リンゴ園に戻ってからは、ブルーベリーの収穫・・・・・って
籠にちっともたまらない・・・・って食べてばっかりじゃないですか


広い畑とビニールハウスを走り回って、夕方家に戻って夕飯の支度をしていると、・・・・・
やけに静か・・・・・みんな2階ホールの床の上で熟睡してました

食べて食べて食べて・・・・お米が美味しいと言ってくれた子供たち
食べまくった夕食後、送って行った帰り道。

みんな心も胃も、お腹いっぱいになったかな?




9月3日

もう早、9がつです。
ネタはたくさんあれど、ブログを更新する暇もナシ
写真はなくとも、とにかく出来事、農作業は書いていこうと思います。
やはり農家は秋勝負なのですね。

忙しいと言いながら、いっそう忙しくしているのは自分自身なのですが

さて、ファームステイ、第2陣の時期であります。
1日、2日は、東京の國學院大學久我山中学校の男子5人がやってきました。
東京の子供たちはどちらかといえばクールなイメージなのですが
今回は関西っぽいノリの人懐っこい子たちでした。

先輩に話を聞いているのか、構えた感じが無く、楽しみにしてくれていたようです。

そして第一声が・・・・・
 「軽トラの荷台に乗りたい」  
    ・・・・・公道走れば道交法違反なんですけど・・・・・
 こちらの免許のかかったリクエストであります

というわけで、園地内で実行!

BlogPaint小学生並みにはしゃぐ5人











 そうですか!トトロの時代の子供をやりたいわけね
 
 であるなら堪能させてあげましょう!

 ちょうど農家の先輩に沢エビがたくさん採れる場所の情報をもらっていましたので、秘密の小川へレッツゴー!

20100901155912  
 始めははだしを嫌がって及び腰の子もいましたが、実際に入ってエビの集団を見つけた途端、

もう夢中になって素手で捕まえていました。

時間が無いから帰ろうといったら、
  「え〜、まだ居たい〜」って小学生じゃあるまいし・・・





 遊んだ後は、仕事もしましょうと、過酷な「大豆畑の草取りメニュー」

 お腹を空かせて夕御飯です。
 北海道の海の幸がてんこ盛りの海鮮丼に、豚汁・・・・そして

先程山ほど採った沢エビを
から揚げにして塩をふって出しました。
  「おつまみだ〜イケル〜
・・・そうです。食べ物は自分で得るものなのよ


2日目のお話はまた明日に







このページのトップヘ