Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

カテゴリ : 農作業日誌2010




毎年の事ながら・・・重いです。
苗箱が重いです。



不覚にも更新せずに二晩寝てしまいました。



朝起きるとまたしても雪でした。
さすがにこの時期の雪はドキドキします。
苗の生命に関わるからです。




さてさて、
その重い苗箱・・・どうやって種を蒔くのかご紹介しましょう。





 酢で消毒し、ちょっと発芽させた種もみをスノコの上で乾かします。
SN3R0122





 納屋の外からトラクターで土をベルトコンベアに乗せて、運び込まれます。

SN3R0120




穴のあいたプラスチックの箱に、薄い紙を敷いて
セットします
 
SN3R0114





 下から一枚づつ流れて行きます。
 
 上の青いじょうごから、土が平らに敷き詰められます。

SN3R0115




 







種モミが少しづつ蒔かれます。

SN3R0116










 種がわかりますか?

SN3R0117






・・・・・・ね?

ついでにお水もたっぷりかかります。

SN3R0119







SN3R0112

 この箱を、50メートルとか、100メートルあるビニールハウスの中に
 並べて行くのであります。

 
 ただ今 筋肉痛・・・・・



基本、寝坊が大好き!な私ですが

季節的に、どんどん早く目覚めるようになってます。


稲の育苗は、朝が勝負!





お日さまが上って来る頃、ハウスの中の水蒸気を外に出し
新しい空気を入れてあげます。

お水をたっぷりあげます。

芽が出るまでは、ハウス内を32℃前後に保ちます。
今年の苗は上手に育てられるかな





さてさて・・・・
力仕事が始まると、決まって甘いものが恋しくなります。


先日札幌へ行ったときに
前から気になっていた流行りものを買ってきました。

CIMG3944マカロン

・・・撮影が下手・・・・
 
配達先の近くにあお菓子屋さん。
パールモンドール

私の生家も近くにあって、ケーキといえばいつもここで買ったいたという
思い出も相まって、私の中では一番のお店です。


マカロンはたくさん種類があって、すごく迷った中で選んだ6種類

ミルクティ ・ レモン ・ フランボワーズ ・ 
ビスタチオ ・ カシス ・ いちご

なにより可愛いです



夕方、仕事を少し早く上がり、滝川西高校へ行きました。

今年、家庭科の可愛い先生と組んで、「フードデザイン」という授業を
お手伝いさせてもらいます。


ちょっと楽しみです。








種蒔きが始まりました。


SN3R0112

種を撒いて土をかぶせた箱を、ビニールハウスの中に並べて行きます。

箱は水をかけてあるので5舛曚匹△蝓結構重いです。


春一番・・・・最初の力仕事です。



夕方、 ふと 麦畑を見ると

SN3R0113

一段と濃くなっていました。

今朝まで雪が残ってたのにね。


麦のごとく・・・・
明日も頑張ろう

明日朝も氷点下ですってっ







稲の種蒔きは、もうずっと数件の農家で共同でやっています。

今日は18日から始まる種蒔きの準備で集まりました。

18年前にやって来た時はずいぶんたくさんの農家の方がいたような気がしますが、現在は我が家を含めて4軒だけになってしまいました。


お米を作るには、多くの機械を使います。
年々米の価格が安くなっていて、利益を上げるために、土地を増やしてたくさん作る方向に稲作農家は向かってました。

土地を増やす度に、機械も大きなものを買わなきゃいけません。

田んぼが少ない農家はわずかな収穫量のために数百万、数千万の機械は買えません。

そこで、数件の農家が集まって、共同で機械を使えばいいじゃないか。


というわけで、一昔前はそんな共同作業組合があちらこちらにあったらしいです。


でも、この共同作業も、今年が最後。

来年からは各個人でやることになりました。

SN3R0103


左手のベルトコンベアが運んだ混合土が、青いタンクに入って
下から少しづつ機械が苗箱に土を入れてい行きます。

SN3R0105今日は大掃除をして、

新しい機械を組み立てました。





この共同作業でしか会えない人もいます。

午前中から気持ち良いくらいの雨降り
これで埃もきれいに流れるでしょう。


ちょっとセンチになってしまいました。










くもり空でしたが、温かい日でした。


りんご畑に米ぬかや魚カス、自家製堆肥を撒きました。
ドンドン春になって、作業に拍車がかかります。


18日から種蒔き予定です。

お昼からは、國學院短大へ今年の稲作農業体験の打ち合わせに行きました。

私が就農する前・・・・札幌で生活していた頃から
お米栽培で減農薬、有機栽培にチャレンジしていた地元の生産者グループ
「とんぼの会」の代表、寺崎さんと、JAの事務局、
去年の取り組みから火がついて、今年もやる気まんまんの管 准教授。

すんなり予算をOKしてくれた東京の本学、さすが・・・・神様を祭る國學院
お米に・・・稲作に優しい学校です(笑)

今年はどんな学生達だろう・・・・楽しみよりも緊張してきます。



帰ってからは、ひたすら精米をしていたのですが
精米機の調子が悪い・・・・。
低温で2回精米するのでただでさえ時間がかかるのに・・・・

ヌカがすぐに詰まってしまいます。何度も分解掃除して、騙しダマシ使いました。


SN3R0100 年季入ってます

私たちが就農した時に、お米の直売用に買った精米機です。
当時はお金もぜんぜん無くて、機種は選べませんでした。

買おうか〜?15年も使えば元は取ったよね〜。

でも、羽根取り替えたらまだまだ使えそうな気もします。
部品代かけて、何年持つかなぁ〜


17日は札幌へお米配達です







我が家のブルーベリーです

SN3R0080

 なんだかずいぶん大きくなりました。
 株も混んできています。

 ということで剪定してますが・・・・難儀してます

今年は肥料あげなきゃ・・・です。



 昨日夕方、市役所へ・・・要請があって、とある懇談会へ行きました。
  (たまにお家にいたいのに・・・面倒くさいな・・・

 
 ボランティア活動をする市民グループの代表が呼ばれたようで
  (なんの会議かよく解らずに行った私)

 
 18時には間に合いません。遅れます。・・・・と前もって伝えてはありましたが
  (家を出る時に車のキーが見つからず、よりいっそう遅れる私)

 
 時間外で電気の消えた薄暗い廊下を通って会議室の扉をノックし、そうっと開けると


 2部屋開け放した広い会議室に、ずらっと背広姿の男性陣
 ・・・・と数人のきちんとした服装のご婦人・・・・


     Σヾ( ̄0 ̄;ノ

   私ときたら

BlogPaint
  良くいえば、ストリートふぁっしょん・・・・
  ・・・・作業着のTシャツ取り替えただけ
 
いつもなら、いつもなら、もう少しはTPO考えるのですが・・・
・・・・(時間なかったんですもん



ロの字に並べられた会議机の長い辺の両側に50人弱の参加者。
上手に市の職員さん、下手に座長さん。

何を話しているのかといえば
街中に 「まちづくりセンター」 なるモノができるらしい。

倒産して空き家になった、元スポーツ用品店を大規模改修して
市民グループやボタンティア活動団体の拠点にするらしいのです。

その、すでに決まった・・・事に対する意見交換なのでした。


 これが、その設計図

CIMG3938

 
 OPENは今年末の予定。

 何か意見せよと突然言われましても出ないものですが、
 当然のことながら、意見がたくさん出ました

 私も2,3、言わせていただきました。
 
 作るのヨイヨイ、継続コワイ・・・・


 運営費は?積立金は?掃除は?
 フロアの材質は?設計内容はもう動かせないの?
 

総工費、2億3千400万円
国庫補助金1億円・・・・・・・・ああ、それかぁ・・・

今後も話し合いの場が設けられるようです。
準備が早いのはいいことです・・・・が

どうなる 「まちづくりセンター」 


  


昨日はよいお天気
一転して今日は風の冷たい日でした。

例年と同じように春作業の準備が進んでいます。
今年は畑が乾くのも早くて、良い作物が採れそうな予感がします。

SN3R0095

剪定したりんごの幹や枝を集めています。

SN3R0096

冬の暖のための薪にします。
2年置くと、良い撒きになりますが、最近は昔のような大木がなくなったので
1年くらいの乾燥で燃料にする事もあります。


SN3R0097

今日は「ふっくりんこ」の種モミを水につけました。

「ゆめぴりか」とは性質が違って、甲乙つけがたい美味しさなんですよ



稲の苗を作るハウスの土を踏みます。

苗箱から伸びた根っこがきちんと土を捕まえられるように
デコボコを無くして平らにします。

奥の色が白くなった部分が板を踏んだ所です。


SN3R0099






何事も無い日常が、どうか、ずっと続きますように

東北が、被災した方たちが、もう何にも怯えることなく
明日に向かって歩き出せますように




もう悪い予感は当たらないで欲しいです。

日本が揺れています。
原発を、モンスターが止まりません。


楽天家であるはずの私が、今、本当に怖いのです。




明るい日と書いて「明日」だと、テレビで避難所の子が言ってました。

明日こそ、そうでありますように。

今日も一日良いお天気でした

今日は一日納屋の大掃除をしました。
隅々までほうきをかけて、棚の上も整理整頓、たくさんのゴミも出てすっきりしました。

納屋はきれいになりましたが

BlogPaint

  私が一部分黒くなりました。 (掃除にマスクはつきものです






震災から1カ月でしたね。

あの悲劇が事実だったとやっと納得できるようになった気がします。

ついこの間までは、朝目が覚めると、あれは夢だったのではと
悪い夢であったのじゃないかと思い、祈る思いでラジオをつけます。
しかし、やはり流れてくるのは震災の情報と原発。


北海道の内陸に住む私がこんなですから、実際に体験された方々はどんな思いでいるのでしょう。


ご両親を津波で亡くされた学生が、
「大学を辞める事にしました。今までお世話になりました。」

桜咲く春休みに送られてくるメール。

同じような学生がいったいどれほどいるのだろうと思います。



震災に合った人が、この苦しい気持ちが早く過去のものになりますように

そして、震災に合わなかった人は、けしてこの苦しい気持ちを忘れる事がないように。


がれきの町は、原発の避難区域以外はきっと思うより早く整備されていくでしょう。
東北人スピリットが、世界中の支援が、町をきれいにしていくでしょう。


けれども人が、本当に未来を見据えて歩きだすのには
もっともっと時間がかかるのだと思います。


せめてスタート地点に、
もう一度、新しいスタートを切ることができる所に立てますように


私にできる事

子供達に「命」があって良かったと、心底思えた事を忘れない事。
小さな幸せを忘れない事。


今年は春が来るのが早いです。
昨年の今頃を振り返って思いました。

ハウスにビニールをかけるのも6日早いし
今日あたりはりんご園の雪もまばらで、半分以上は土が出ていますが
去年の今頃はまだ30〜40センチの残雪があったようです。

稲の種モミの温湯消毒が今日から始まりました。

CIMG3936

緑色のネットに測った稲の種を入れています。
これは「ななつぼし」


種を殺さず、しかし特定の病原菌に効力のある温度設定のお湯、そして食酢の殺菌力で
発芽率を上げ、その後の壊死を防ぐのです。


米という漢字は、八十八が合わさったものと聞いた事がありますよね。

88の手をかけて育てるのだよと。

しかしながら、稲というのはたいへん丈夫な植物で、栽培自体は、実はそれほど難しくはありません。

ではどこにそんなに手がかかるのかというと・・・・

まずは土木作業でしょう。 
水田は水を張りますから平らでなくてはなりません。
浅い所や深い所があっては稲の生育にムラができて、管理ができないのです。

田んぼには畦を作らなくてはいけません。
畦はネズミやモグラや蛇が穴を開けますから、毎年修繕して回ります。

水路から水が上手にひきこめるように、、田んぼに入った水が上手に流せるように

田植えをした後は、早朝、昼間、夕方と、田んぼの水の深さを調整して歩きまわります。
この水管理が、稲の出来の良しあしを決めるので気合がはいります。

収穫を終えた後でも、稲ワラを全て田んぼから出したり、 排水をよくするために溝を掘ったり

稲が育つ家・・・が田んぼですから、お家の環境整備は欠かせません。



福島原発の周辺の田んぼから、基準値を大幅に超える放射能が検出されました。
田んぼはどうなってしまうのだろう。 農家の人達はどんな気持ちでいるのだろう。


一朝一夕で田んぼはできません。
原発がもしも・・・の時は、一晩で田んぼは使えなくなります。


 すっかり歩きやすくなりました。

SN3R0075

 枝を集めつつ、病気を見つつ

 木に葉が無いので、この時期どこまでも見通せます。

SN3R0076
 
 麦畑は融雪剤(肥料ですよ〜)を撒いたので、すっかり葉が見えてます。
 雪の重みと、氷温で丈夫になります。




 さて、農業と全く・・・・・関係ありませんが・・・

 
 ランドセルの関係でおじゃました友人の家で、なんともレトロなものを発見


 それがこれ

BlogPaint ナンバーが 札5 

 
 昭和30年代後半、一世を風靡したと言われる トヨタの

 
CIMG3927 Wow


CIMG3926 こんな所も開きます 


 この時代はシートベルトがありません

 ここのおうちのおじいちゃんが、その昔買って、今も現役で走っているそうです。 
 
 買ったもの全てに 「愛」 があって、捨てられないおじいちゃんだそうで、
 住宅と見間違う車庫・・・には 「昭和」 な物が、たくさん、きれいに並べられていました。

 
 博物館にできるかも・・・・・

 
 そういえば我が家にも、レトロ・・・なものがいくつか・・・・



 そのひとつ

 SN3R0070

  後ろのトレーラーに乗っている、チビトラクター はかれこれ35年以上前の物ですが・・・

  今でもりんご園で、家庭菜園用の畑で、立派に活躍中

  しかし、かなりサビサビ・・・・

  友人の家のカローラくらい、きれいに磨いてやらないとね


  

このページのトップヘ