Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

カテゴリ : 日記

地元での花火大会の火がが消えてしまってから、もう何年になるのでしょうか。

寂しい限りです。


夏でしかない、若い頃の花火の思い出はあれこれと、

どれも楽しい記憶として残っているだけに

花火・・・・と聞くと、どうしても行ってみたくなりますね。



花火を見るためにだけ、出かける。

本当に何年振り?(2桁かも)でしょう。


注文されたお米の精米をなんとか終えて、洗濯物を取り込んで

とりあえず腹ごしらえの、車中食用のお好み焼きをフライパンでチャッチャと焼き、

普段もこれくらいテキパキ動けば良いのに・・・と思うくらい早いこと早いことv( ̄∇ ̄)v

もうバタバタと・・・・・

隣町の深川市まで車を飛ばしました


深川の花火は初めてで、どこで打ちあげるのやら・・・・どこに車を止めていいのやら・・・・でしたが、

それらしき車が何台も・・・・・いえ・・・・


ノ( ̄0 ̄;)\オー!!   すごい車!



それでもどうにか駐車して、会場の川の対岸と思えるロケーションのよい所まで歩きました。

程よい風が煙を流してくれました。

SN3R0319たまや〜(^O^)/



SN3R0332薔薇星雲ってあったよね。


SN3R0330音がいいんです。



SN3R0324たくさんの種類の花火がありました。


その昔、玉屋さんと鍵屋さんが川の対岸同士で打ちあげて、どちらが豪勢かを競ったと聞いた事があります。

鍵屋さんは火事を起こして御取りつぶしになったとか?



それにしても、かなりスケールの大きい花火大会でした。

さすが、深川市の商工農、頑張ってますね


帰りの渋滞は長かったです。










前ブログでの、「カヤギニ祭り」の日は

忙しかったのです(・・・いや・・・だから・・・いつもではありますけど)


そろそろ秋蒔き小麦の刈り入れ時期・・・・ということで心の準備はしていたものの、

畑作用コンバインを共同で出資して使っている農家友達から電話があり

「ここ2,3日の暑さで水分がガッチリ下がったらしくて、もう収穫できるってさ!
明日から始めますから〜

ということで小麦の収穫がはじまりました。


小麦は一日でも刈り遅れると、既定の等級から外れてしまい、収入がガックリ減ってしまいます。


おりしもその日は、町内会の公民館(小さな住宅のような建物ですが)の外壁塗りの日

仕方なく、夫の代理で私が行く事に



集まれば・・・・さすが限界集落  古希を過ぎたようなお年寄りばかりなり・・・・


必然的に、私の担当部署は


SN3R0311 On the roof


照りつける太陽・・・・・
屋根色は情熱の「赤」

どうして・・・・・私が

熱い・・・・焼けるように熱い・・・・


しかも、一緒に屋根を塗っていた60歳台のオジサマが

もうすぐ終るという時に



BlogPaint

 突然、足を滑らせ 真隣に落ちてきた


 無我夢中でオジサンの腕と背中の服を引っ張った私・・・・な気がする。

 勾配が緩やかな屋根だったのでなんとか止まり・・・

 というか、一瞬の出来事で覚えていませんが、

 「一緒に落ちるかも」というのがよぎった瞬間でした〜



 こわかったですよ〜






SN3R0309

高みの見物というには、あまりにも命がけでしたが・・・

屋根の上から我が家の畑の収穫風景が見られます。



・・・・というか、ケチらないで業者に頼んで欲しいものです

我が町の、ある農村地区、「江部乙」に住むほとんどの人が集まるというお祭りがあります。

それが「カヤギニ祭り」  ま・・・・お祭りと言っても、その日限りのビアガーデンみたいなものです。

お盆には帰省しなくても、カヤギニ祭りには戻って来るとか、その日目がけてクラス会を催すとか

地域にとっては節目のようなお祭りであります。

しかし・・・・カヤギニ・・・ってなんだって思いますよね。


逆さに読んでください。   単純なものです。


高さが2m以上はあるという大きな特設ステージでは、
地元の子供たちの和太鼓やよさこい踊り、キワドイお衣装をまとったオバサマ方のフラダンス
吉本興業の新人芸人さん達がそれぞれ披露しておりました。

そして夕暮れ時

DSCF5606

スカイブルー&コバルトブルーの空です。

農作業を少し早く終えてのミッションです(笑)
今年も演奏依頼をどうもありがとうございました

SN3R0303

この町ってこんなに人がいましたっけ? と思うくらい、大いに賑わって


SN3R0306

 夏祭りの最後は花火です。

 

「江部乙」のカヤギニ祭りは、年に一度、顔を合わせる事が出来る
 この地域の七夕なのかもしれません。





またたび


といえば、猫さんが理性を失ってまで喜ぶという植物ですが、


同じように猫に恍惚感を与えるという、キャットミント?キャットニップ?なるハーブの幼苗をいただきました。



土に降ろした10株の苗は育たぬうちに、1株を残して全て、
我が家のネコさんにカミカミされてしまいました


そんなに喜ぶのならと、今度は籠をかぶせて育てています。


CIMG4326


頂いた苗は、交配の加減で微妙に種類が変わるのか?
どれもが少しづつ、葉や花の形が違うようです。


キャットミントとキャットニップも別物のようですね。


この草をポプリにして、ネズミ型のフェルトにくるんであげたら

ネコまっしぐらのオモチャになること間違いなしでしょう



ハーブ畑・・・・・雑草だらけです

北海道に雨季があるかのような毎日。

朝起きの弱い私が  しんとした朝の目覚めに雨音を聞こうものなら

それはもう、至極の子守唄。


特にこの一週間は、異常に眠たいのです。
仕事中、食事中、会話中、赤ちゃんのよう。  ある意味老化かしら・・・(^_^;)


子守唄に流されまいと、必死に起き上がる毎日・・・・

それでも
CIMG4324たまに部屋を片付けるには良い日です。

花農家の友人から、この時期になると規格外のミニひまわりをいただきます。

どこが規格外  って・・・・大きすぎるんですって  
 
十分可愛いのに・・・・

お日さまはないけれど、頑張って重い花のついた首をもたげるひまわりさんです。



けれど・・・・もう、けして起き上がれないのが・・・・



CIMG4340

 麦畑〜 多分この畑の麦は「きたほなみ」

 麦の出来が良すぎるのと、若干の病気もあってか

 この雨の重みで、あちらこちらの麦が倒れています。

 倒れた所は、良い品質の麦にはなりませんの・・・




 






恵庭のメイプルパークゴルフ場のお祭りに行ってきました。
バンド演奏のお呼ばれです。

関係者の方々には大変お世話になりました。

それにしても、パークゴルフ人口ってあんなに多いとは思いませんでした

SN3R0293

そして、芝生のなんて緻密できれいなこと

まるで絨毯のようでした。


折角のお招きも、私はコンガもボンゴも叩けず仕舞い・・・・


たかが左指付け根の傷とはいえ、振動すら痛くて

・・・・・不自由でございます。


顔を洗うにも、上手に流せません。

化粧水や乳液をつけるのも一苦労

料理一つ、フライパンも鍋も持てません。

包丁で食材を切ろうにも、押さえる左手が用を足しません。

布巾を絞れません。仕方ないので蛇口に巻いて、右手でねじったりしています。

体を洗う時も、右手のみで洗うので、右手、右上半身片側が洗えません。

物を持った状態で、戸を開けたり、鍵をかけたり、受け取ったりがキツイです。



改めて、

改めて・・・・五体満足に感謝です。

昨日から雨模様
上がってもむっとする厚い雲が空を覆う一日でした。


昨夜、末娘の吹奏楽部、保護者と先生の懇親会があり、夫と参加してきました。
3年生の娘の最後のコンクールが近づいています。

野球部か吹奏楽部か・・・・と言われるほど練習熱心な部員達

今年も私たちをKitaraに連れて行ってもらえるように、親として最後の部活応援です。


・・・・と余裕でキーボードを打っているかのような文章ですが・・・・


実は左手人差し指が痛くて眠れません


夕方、もうすぐ5時・・・・という時

りんごの樹のちょっと太めの枝をノコギリで掃おうとして

一緒に手も切ってしまいました


3センチほどの切り傷でしたが、
相手がノコギリでしたから パックリ・・・・というより、ギザギザな広い傷口なってしまって

痛いし悲しいし・・・・時間が時間でどうしたらよいものやら・・・・


時間外担当病院が脳神経外科の個人病院でしたので、電話をかけると
「傷口をガーゼかタオルで縛ってすぐ来てください。」とのこと

運転してくれると言った夫は娘の練習の送り迎えがあったので
びっしょり汗をかいた服だけ取り替えて、自分で病院へ向かいました。


「滝川脳神経外科」

救急処置室は脳外科・・・・だけに、まるでオペ室で

ドクターは傷口を消毒して見るなり、なにやら看護師さんに色々な器具を揃えさせて・・・・


「はい、麻酔かけますからね〜。ちょっと痛いですよ〜。」


どんなに小さな手術でも、患部にいかかる所だけ穴を開けた、大きなブルーのシートを
かぶせるのですね。 
オペ部分が良く見えるためでしょうか?



自分の体の皮膚を縫合されるというのを見るのは初めてでしたが

小さな縫い針とピンセットと2種類のハサミのような器具で、
まるでお針子さんか工芸の職人さんのごとく、慣れた手さばきで5針ほど


汚かったギザギザの傷口が、見事にきれいにふさがりました



先生ありがとう  当番院が脳外科で本当にラッキーでした。


ほんの人差し指の付け根ではありますが、しばらくちょっと、不自由です。


しかしながら・・・・明日、バンドの演奏があるのですが・・・・・

コンガとボンゴが叩けそうにありません



みんな、ごめんね

ずいぶんブログを休んでしまいました。

土曜日のお祭りでよほど体力を消耗したのか

翌日から何をしていてもフラフラしてしまい、

11日などは雨降り、りんご園に入れる状態ではないのを、これ幸いとばかりに、

(あれもやりたいこれもやりたいと思っていたのに・・・)

午後からなんと・・・・4時間も熟睡してしまいました
(夜は夜でしっかり寝たのに・・・)


あぁ・・・・まだ若いんだわっ
                   と思える私って幸せものでしょう。




今は引き続き、実摘みのお仕事、プラス夏季剪定をしています。

冬から春にかけて樹の剪定をするのですが、あまりキレイに切ってしまうと、

幹や枝のあちらこちらから、吹き出るように新しい枝が伸びてきてしまいます。

夏にはその新梢が空に向かって強いもので50センチ以上も伸びてしまい

整理したはずが、剪定前よりもボーボーに枝伸びた樹になってしまうこともあるのです。


そこで、空に向かって垂直に伸びたような強い枝は、樹の成長がある程度落ち着いてきた
夏から秋にかけて切っていくのです。


りんごの木には、鳥さんが時々巣を作ります。

もう巣立ちしたものでしたが、今日も見つけました。
枯れ草やどこからか拾ってきた布などを使って、見事にフカフカの巣を作っています。


PAP_0286


 さあ、明日の夜は市役所に、食育グループの助成金の審査会に行ってまいります。

ちょっと自信がありませんが、たくさん寝た分、元気よく行ってきます!!










高校三年生


  

私は何をしていただろう

何を考えていただろう

多分今までの人生の中で、一刻一刻の出来事、そして感情を

最も心に刻み込んだ時代だったのだと思う


授業中の一コマ。先生の言葉。
友達の会話、その情景

学校祭で着た服の模様だったり、手をつないだフォークダンスの振りだったり
見上げた星空だったり、テストの問題だったり
部活の遠征先の大笑いや、苦手なバスケのシュートの一瞬
片思い、恋、
キャンプ、冬山のロッジ、フォークギター
トランプ、破けたノート。部室の窓の景色。ラジオ
修学旅行の夜


笑って、泣いて、必死で、怒って、落ち込んで、喜んで、悲しんで、叫んで、


みんな、みんな


覚えてる。





末娘の中学時代のお友達が亡くなりました。

突然のお別れでした。

きっと、毎朝、これは夢だったのだと思うでしょう。



神様がもしいるのなら、 いったい何の思し召しでしょう?

どうして17歳なのでしょう。


彼女もきっと、当たり前に明日があると信じていたのに

りんごの実摘みしてます

今日は暑かったです

体が慣れていないせいもあるでしょうか・・・・でもりんごの樹の中なので

ビニールハウスで作業している方の事を思えば、きっとマシなのでしょう。





さて・・・

知り合いの方が九州の出身で、農家ではありませんが、
九州直送のさつまいも苗を送ってくださいました


ところがところが、トラックの中が暑かったのでしょう

新聞紙とポリ袋にくるまれた苗は、半分蒸れて黒くなっていました

慌てて水道水で必死に洗いましたが、3分の2がダメになってしまいました。


一晩水につけて、明朝植えてあげようと思います。(できるかな・・・)





明日はお米配達日ですぅ〜

このページのトップヘ