Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

カテゴリ : 日記

昨年の春
書きかけのまま下書きに残っていた日記。
あれから1年以上が過ぎ、私の周りの時間は確実にさらさらと流れ落ちています。


4月17日 2013年

春は確実に冬を払拭していくようです。
豪雪で水場に困っていた白鳥もやっと溶けた田圃で羽を休める光景に出会えるようになりました。


image











 
月曜にはハウスのビニールも上がり、種まきまでのカウントダウンが始まりましたが、
この忙しい時期に私は札幌....。


母が先月末に吐血して倒れ、入院。昨日は手術でした。
入院してから症状は落ち着いたものの、検査の結果は胃ガン。
食道に近い部分にわりと大きくできており、とりあえずは他の転移が認められないということで、手術となりました。
よくありがちな病気だけに、病院嫌いな母とはいえ定期検査に引っ張ってでも連れて行くべきだったと後悔(;´Д`)

倒れた時も、幸運なことに、たまたま母は友人と電話しており、異変に気づいた相手の方が連絡してくれたのでした。
しかし、連絡してくれたものの、同居の末っ子はマンションから離れた大学、近くに住む叔父夫婦も外出中。駆けつけて手を尽くしてくださったのは同じマンションに住む叔父の友人と、民生委員の女性でした。
遠くの身内より近くの他人・・・まさにその通り。


そんなこんなで昨日はついに手術日。
不安げな母は午後1時にオペ室へ入り、延々と終わらない手術。執刀医に呼ばれたのが夜の8時半でした。

外科医というのはなんという体力と精神力の持ち主でしょう。
そういえば 10数年前、やはり癌だった父を手術してくれたのは当時60歳を過ぎた父の友人でしたが、約7時間に及ぶ手術を成功させ、その後説明を終えて「全部取った!やり残し無し!後は本人の頑張りだ、ワハハ」と笑って、直後にグッタリ寝ていたのを覚えています。
ガッチリした体格の良い、背の大きな先生でした。 

今回は40前かそこそこの、やはり背の高いドクター。
外科手術というものは集中の切れない格闘技みたいなものでしょうか?

それにしても、親というものは、特に母親というものは不思議なことに、いつまでも元気でいるような錯覚に落ちています。
父も送った経験から、歳をとれば病気もするし、いつか先に云ってしまうことはわかっているはずなのに

今回も、手術さえうまく行けば少しは弱っても、また元気に暮らせるだろうと当たり前のように思っていました。が、術後の先生の顔は暗く、それが疲れだけではないことに、私は先生の言葉を聞くまで全く察することができませんでした。

・・・順調に進んでいた手術。それが後半残り1/3というところで、腹膜にパラパラと針の先ほどの
こぼれ落ちがみつかったそうです。
CTにも写らないほどの小さな粒つぶ。

ステージ2から一気にステージ4へ

進めた手術は引き返せません。
どの道このまま進めば胃は腫瘍で食べ物の通り道を塞ぎます。
胃の摘出、食道と腸との縫合。他は一切触れずに閉じられました。

10年前の交通事故の後遺症で、重い記憶障害になった母。それでも数万人に1人という回復力で、自立した生活を送れるようになった母。
その底力の源は、天性の明るさ。
ドクターは
「僕は、癌は早期だろうと末期だろうと患者さんに告知しています。隠した所で患者さんが一番自分の体をわかっているし、治療に当たっても、ご本人の協力は欠かせないですから。
でも、今回、お母さんへの告知にメリットは無いと思いました。
食べたい食事。やりたい事、行きたい所、そんな明日を楽しみにしながら毎日を過ごさせてあげる事が一番だと思います。

抗がん剤の説明をして頂いた後も、抗がん剤は奨めないと
本来ならばあるはずの食事指導も、「食べたいと思うものを食べさせてあげて下さい」と
もし、自分の親なら、僕はそうします。と。


ああ、この先生で良かった。

動きを止められた心臓が何か暖かいもので包まれた気がして、
私は目を見開いたまま、うなずく以外に言葉を発することもできず、ただ胸の奥が熱くなりました。










 

昨年春から痛めた右の肩、
病院、整体治療院、鍼灸、色々行きましたがどこで疑われるのも
「お年頃・・・」「運動しなきゃ」

お年頃ってなんでしょう?
原因があるんですけど・・・最初は腫れていたのですけど・・・
単に局部劣化というには安直過ぎやしませんか?
肩を使いすぎる野球選手にもそう言うのでしょうか?
運動ね・・・ストレッチにダンス、してますよう・・・し過ぎてますよう。

それでも、この冬、力仕事から遠ざかっていましたら 
泣きたいくらいの痛みは和らいで、かえって何処が痛いのかわかってきました。
それまでは何処が痛いかさえわからないほど全体が痛かったのです。

とりあえず、
以前一度だけ行ってすぐにMRIを撮ってくれた砂川市立病院へ。
当時の診断は、肩全体の炎症。
言われたのが「お年頃」・・・その言葉で病院は諦めました。

とりあえず、注射・・
でも、この注射って・・痛み止め??今度聞いてみよう。

そしてリハビリ??
腫れてた時は動いていたのですよう・・・

なんて説明したら良いのでしょう。
そもそも、40肩とかって一体なんなのでしょう?
元に戻るのでしょうか?

このままでは農作業ができません。
困ったなあ・・・
1年前に戻れるのなら、あの作業を我慢して続けなければ・・・・
後悔ばかりですが、仕方がないですね。


久しぶりのBlogですが、愚痴ばかりになりました。
私の労働力が減ってしまうので、家族の体も心配です。

さあ、次回からはいつものRicco節で楽しく行きましょうか・・・
といいつつ、ちょっと不安な2013年になりそうですが・・・







 

スペインだけで1週間書けちゃいそうので、なるべくスリムにまとめたいのですがどうなることか


さて、ヨーロッパにいる間中、普段あまり飲まない私が朝以外はワイン三昧でありました。

スペインには「CAVA」なるスパークリングワインがあります。 

スペイン最初の訪問はその、カバのワイナリーでございます。 

CIMG4785

ずっと向こうまでブドウ畑

CIMG4790

CODORNIU
この広いワイナリーの敷地の下に、数世紀前からある巨大な地下倉庫がひろがっているのです。

CIMG4791
昔、まだワインを作っていた時の作業所は、現在は業界のパーティ会場です。 

CIMG4795
1872年に当時のオーナーがフランスのシャンパーニュ地方へ修行に行ってからCAVAの生産が始まったことがタイルに描かれています。

CIMG4798

 どんどん地下に潜りましょう。

CIMG4811
迷い込んだら一ヶ月は出て来れないという数十ヘクタール
のラビリンスな地下倉庫です。
カバの出し入れも、トロッコのような長いバギーで やっています。

CIMG4822
地下の広いパーティ会場

ロゼとホワイトのカバが飲み放題。先日日本のNHKが取材にきたよと言ってました。

企業秘密以外は製造工程を一通りお勉強。
大規模生産ながら、品質管理には並みならぬこだわりが・・・
こうなると、小さなワイナリーにも是非とも行きたくなります。

BlogPaint

 ここで買ったCAVAを・・・・私は迂闊にもイタリア行きの機内持ち込み荷物に入れてしまい


ものの見事に・・・・捨てられました


後日、ツアー一行の密かな楽しみ??となった私の伝説はここから始まったのです。
 

バルセロナ・・・・着いたのは夕方過ぎ・・・(日本時間じゃ翌朝)
時間を逆行してる、というより時の流を超スローにしたようなもんです。

KLMオランダ航空は、客室乗務員のサービスも良く、エコノミーとはいえまずまず快適。
それでも旅慣れた道内参加者のOさんにアドバイスされて、空港で買った加圧ロングソックスが無かったらずいぶんちがっていたかもしれません。

機内食の夕食では、和食をチョイス。
中の〆サバが、意外にも美味しく評判も良し、
提供はホテルオークラとありました。

飛行機は一旦アムステルダムで乗り換えて、合計約13時間のフライト。
まる一日、移動です。

CIMG4757

アムステルダム空港の通路に開いたチョコレートショップ
山盛りのチョコチョコチョコがずらり・・・




スペイン、バルセロナは御影石の道路を走って着いたのはいきなり古びたホテルでありました。

ホテルの前は賑やかな商店街。といっても立ち並ぶビルは数百年前に建てられたレトロなもの
地震のない国だから、数百年前のアパートメントに皆さん、普通に暮らしています。
石のビル内はエアコンが要らないほど涼しく、天井が高くてリッチ感があるとか

道路の真ん中が広い歩行者用の分離帯になっていて、夜8時頃から人通りが多くなります。

そう、これから旅するのはシエスタの国。
人もお店もお昼休みが4時間以上。夕食に始まる夜のお楽しみは早くとも20時から、
仕事はし過ぎてもさせ過ぎても罰せられるというお国柄・・・
・・・日本人はみんな無期懲役ですよ。ほんと


バルセロナは芸術の都

KIMG0253ガウディさんはグレートです。

ゆえに・・街の庶民が開く市場もアートしてます。


1329321356156
卵は巣の中に・・お母さんもいます


1329321977156
量り売りの駄菓子

1329321970396
全部キャンディ

口の中が、赤くなったり、黒くなったりしないんだろうか(笑)


1329322038345
ただ並んでるんじゃありません

1329322178442

葉っぱの上にきれいに積み上げられ

1329322280516

ひとつでも取ったら崩れませんか???


1329320991836

本場のイベリコ豚?

ドングリ食べて育つ本物は日本でやたら出回るほど、そうそうはいないそうです。
ドングリの数が足りないよ・・・と言ってました。

じゃ、日本で出回ってるのはなんざんしょ?


で、ね・・・

私、りんご屋は、ヨーロッパのりんごをなめてました・・・・

スペイン産は・・・美味かった・・・・・

成田のホテルです。
 MacBook Air 活躍してます

相変わらずの雪ですが、JRで新千歳へ、そして一路成田空港へ
と意気揚々のはずですが・・・・




北海道から一緒に向かう隣町の女性が、インフルエンザ上がり
しかも、まだ熱があるらしい。
見た感じも、かなり辛そうです。
「よろしくお願いしますね」と言われたけど
・・・いえ、 日本じゃないし、無理です と思ってしまいました。


新千歳はものすごい人人人エスカレーター、エレベーターに乗るのも長蛇の列です。
スーツケースが大きいので避けて通るのも一苦労。

ああ・・・そうでした。
札幌雪まつり。世界のイベントだったのでした。


雪祭りといえば、雪祭り前日に末っ子の受験&北海道フードマイスターの講習会で札幌に行きました

その時に撮った写真



KIMG0153





初音ミクちゃん この二日後にまさか、この雪像が崩れようとは・・・(泣)


話は戻って新千歳空港

遅れてフライトしたANA2154
上空は不安定な状態のようで、濃〜い雲の中

時折、まるでエレベーターが上下するみたいに 

揺れる揺れる揺れる

あまりの気持ちの悪さに吐いてしまうかと心配しました

成田には20分ほど遅れて到着。しかも、着陸した滑走路から降りる場所まで遠いこと
そこからバスでさらに到着ゲートへ

歩みの遅い連れはひどく具合が悪そう・・・。

このあと、大丈夫かな・・・・・

KIMG0229


今日は大混雑の成田からのレポートでした。






IMG_1452

     今年の北海道はシバレてます



2012年
今年も忙しくなりそうな予感・・・・
もう予感ではない。実感です。

やらねばならぬ事、やりたい事
ちょっと整理する年にしたいと思います。


4人の子供も一人づつ地元を離れ

一人づつ独立し

今年に春には末っ子が進学で家を出る予定。

二男も成人式を迎えました。


成長を嬉しく思うのは当然ですが、
こんなに忙しくしている私でも、寂しさを感ぜずにはいられません。

子育てのあの目まぐるしく過ぎて行った日々の自分が、なんとも頼もしく、懐かしく振り返る今です。


 
 「おにいちゃ〜ん!!おねえちゃ〜ん!!」

 スマフォの使い方、教えておくれよ〜   ・・・・それかい



皆様

明けましておめでとうございます。

天気予報とは裏腹に、とても穏やかな元旦の朝となりました。


 
昔はよく山に登りました。(本格的な登山ではないですが)
観光旅行に行くよりも、自然の中を歩くのが好きでした。
 
空知は見どころ満載の自然がたくさんあります。
結婚して長らく住むのに、ゆっくり見る事がなかったな。


大晦日の夜にふとそんな事を思いたって
元日の夜明けを目指して 車を出しました。



  初日の出

CIMG4730

 
期待に応えてくれたわけではないでしょうが、叫びたくなるような気持ちの良い御来光でした。


今年は4人の子どもの内、末っ子も高校を卒業して地元を離れる予定です。
長女は東京で頑張り、長男も就職先は本州本社の企業です。二男は成人式を迎えます。

 

世界平和を望むべくもない小さな人間ですが

明日に向かう子供たちの未来が、
この風景の光のように青空の中であればと願います。

短大生の時に、仲の良かった5人の仲間がいました。


短大の教育学科は、思い描いていたキャンパスライフや4年生の文系大学へ進んだ友人のそれとはかなり違って、高校生活よりも厳しいカリキュラムで、しかもアルバイトもしていましたから、忙しい事この上ない生活をしていました。



その仲間たちとは、サークルも専科も違いましたが、なぜかいつも一緒でした。


その仲間の一人が、強烈な個性の持ち主で、ものすごく明るい性格の女性でした。



卒業した後、私以外は皆、幼稚園の先生や小学校教諭となり、月日と共にそれぞれの家庭を築いていましたが

彼女はある時から、青年協力隊として海外の後進国へ出向くようになりました。


十数年経つうちに、手紙のやり取りも途絶え、時々ふと、どうしているだろうと
実家に彼女の現在居る場所を聞こうかと思いながらも、日常に追われてそのままでした。




当時の仲間の一人から電話があり、
彼女は1年も前に亡くなっていた事を告げられました。



癌だったそうです。


私を含め、当時の仲間4人は誰ひとり知りませんでした。
2年前にたまたま帰国していた彼女と会って話をした友人さえも知りませんでした。



葬儀のとうに終わってしまった今、私たちは愕然とするしかなく
日々の予定や生活はそのまま流れていくしかありません。


当時の仲間と共に
今度、彼女の実家に行ってみようと思います。


昔々、みんなで過ごした時は 最近の記憶よりもずっと鮮明に覚えているのにね。




 向日葵みたいな人でした

日記とは言えないくらい御無沙汰のブログです。

収穫シーズンに入りますし、今日から頑張って更新しますm(__)m


久々にお料理ネタです。


空知、上川管内では名の知られていらっしゃる、「ヒゲの出張料理人」岸さんのお宅へ

ジャガイモレシピの試食会へ行ってきました。


昔の小学校校舎を改築した、野性味あふれる旧、住宅と
岸さん自らも大工さんとなって建てた顔訪韓溢れる新居が」とても素敵でした。


早速のジャガイモ料理

新じゃがのキタアカリを使って、シンプル、かつ失敗の少ないレシピを目指します。


SN3R0454う〜ん、低温でじっくり・・・




SN3R0455 ミートソースは手を抜かない
ガスコンロは50年選手です。


SN3R0457 たっぷりのバージンオリーブオイルで
 ジャガイモを炒めます。


SN3R0458

鶏肉とシイタケ、味付けはクレイジーソルトのみ!バジルをのせて




SN3R0460

 続いては、ローストポークを使います。

 こちらも塩をすりこんで一週間寝かせただけのシンプルなお味。



SN3R0461 
 
 ズッキーニとキタアカリのソテー&ローストポークのミートソース掛け
 男の料理って感じです


SN3R0462

 150℃でじっくり焼いたグラタン  1:1:2ソースに
 岸さんが冬に作り貯めしたオニオンピューレが効いてます。


SN3R0463
 
お得意のカリシャキジャガイモのサラダです。これは、私も大好き



SN3R0464  極めつけ 

韓国製の、いかにもガッチリなかき氷の機械・・・

触ったら、プラスチックでした。


SN3R0467 これはウケました。


 ノンアルコールカクテルが美味しい食事会でした。





1日夜から2日と、末っ娘は吹奏楽のホール練習で岩見沢市へ一泊合宿でした。

高校3年、最後の練習は見てやりたくて、1日夜に行ってきました。

全51名、内、男子部員たった2名のメンバー

高校に入ってから初めて楽器を触る子が相当数いる中で、頑張ってます。


長女はソフトボールに女子軟式野球。
長男はサッカー、弓道
二男は卓球
そして末っ子は吹奏楽。

普通、兄弟、姉妹、同じ部活を選びそうなものですが
ここまでばらばらとは・・・・・(笑)


みんな、たくさんの思い出があります。



生活環境が変わって、仕事が忙しくて、親に、周りに気を使って、
自分が精いっぱいで
私は親として子供達に十分してあげられただろうか


強くしてもらったのは、多分私の方
優しくなるように教えてもらったのも、多分私の方


私の方がずっと幼い子供みたいです。






このページのトップヘ