雨ばかり降ります。

収穫時期を前に、悪い予感が致します。


書きたいことは山ほどあったのに、更新がままならず、これでは日記になりませんね。

りんごの葉摘みが始まっています。
葉摘みをすると、一気に林檎が赤くなります。

りんごの作業はほぼ一年中ですから、時々ちょっと、嫌になったりもします。

けれども、実が真っ赤に色づくこの季節を迎えると

「だから林檎はやめられない・・・・」とつくづく思うのです。



さてさて、かなり以前の話になりますが、北広島市にあるホクレン「くるるの杜」へ行ってきました。

私が就農した頃に滝川の農業改良普及センターでりんごの専門技術員だったY先生が
退職後に「くるるの杜」で技術指導をされていると聞いていましたが
この日もずっと、案内をして頂きました。

普及センターの所長さんだった時代よりも色がすっかり黒くなって、
デスクワークよりも、土や作物の相手をしている方が性に合っていると
相変わらずの優しい笑顔で話していらっしゃいました。

くるるの杜は、人気スポットとは聞いていましたが、平日にもかかわらず、かなりの人が訪れていました。

併設されているレストランは大人気で、朝から人が並んでいて、午前11時には、すでに予約でいっぱいになっていました。

Y先生が、次回来る時には並んでおいてあげますよ(*^^)v ・・・と

実にもったいない・・・というか、とんでもない


SN3R0497 収穫体験のコーナー 

さて、これは何の作物でしょう?

SN3R0503 (1)花はこれです。

・・・というか、花が咲くのは 超!!めづらしい作物らしい。
今年は数年ぶりに咲いたそうで、良い予感なのか悪い予感なのか・・・・



答えは さつまいも 

こんな感じで、植えてある作物を当てっこする看板がかかっていて、
子供たちにも楽しい工夫がされていました。


SN3R0501 前の方、勝手に撮ってすみません。

このトンネルには、お豆や胡瓜ん、トマトだけではなくて
カボチャやスイカがぶら下がってます。


直売所はマーケット並みの広さでしたが、ここもお客様でいっぱい

集客力は、さすが札幌のベッドタウンでありました。