25日、日曜日は
札幌の平岡中央中学校の2年生が朝から夕方までの1日農業体験でやってきました。

我が家に来たのは女子4人。

5月後半から10月にかけて色々な子供達がやってきます。
私たちにとっては大勢の子供達ですが
一人ひとり、それぞれが
将来農業に関わらないかぎり、一生に一度だけの経験になるかもしれない。

だから、その一回一回を大事にしたい。


私自身が、一度きりになるかもしれない出会いに、忘れられない思い出を作りたいと願っているのかもしれません。



札幌には「平岡中学校」と「平岡中央中学校」があり、
区別するのに、平岡中が、ヒラチュウ・・・・
平岡中央中が、ラオチュウ・・・・と呼ばれているそうです。

なんか、お酒の名前みたい(笑)


今回の女子4人が、4コマ漫画を地で行ってるような面白い子達でした。

田植えがものすごく気に入ったらしく、・・・・というか泥の感触が気に入ったらしく

わざわざ泥の中に膝をついてみたり、お互いの足にくっっつけあったり
幼児みたいにはしゃいでました。

身近に見る牛や、ハルユタカで焼いたパン、自分たちで練ったミルクジャムも
新鮮だったようです。

学校のカメラを撮っていたので、最後に一緒に写した写真以外、手元に残らなかったのが残念です。

「個人的にまた来る〜!」と、・・・・この言葉は魔法だ。




そして、今日も今日とて、
地元、滝川第二小学校五年生の「田植え」です。

今年は我が家でいつも提供している田んぼが整備事業に入るので
他の農家さんの田んぼを使いました。


田んぼに入る前は、
「とにかく虫が大っきらい!!アリもチョウチョも全部ダメ!」と半ベソの女子や
「泥に入るなんて有り得ない!」と叫んでた男子もたくさんいて

田んぼに足を踏み入れた時は
ジェットコースターが落ちる時くらいの絶叫!!をあげていましたが

BlogPaint 真剣・・・


BlogPaint 投げた苗をナイスキャッチ!


BlogPaint 泥んこだぜ!イエーイ!

DSCF2589 どこまで沈むか・・・・



BlogPaint泥んこは、座って流そう〜(超!笑顔)

DSCF2604 おばあさんは、川で洗濯

DSCF2598 アゲハが留まってくれたの


お天気も良く (子供達が帰った後、思いっきり雨が降りました)

田植え日和でした

ちなみに・・・・虫大嫌い!!の子は、最後まで田んぼに入っていましたね。