昨日、DANCE=LIFE なるダンスイベントが終わりました。

忙しい農家で、少なからずストレス抱える子供とお母さんの楽しみに・・・・
と、ダンスやってる農家仲間に話を持ちかけて、
近くの公民館で親子8人くらいで始めたのがそもそもの成り立ちで

それが、先生を引き受けてくれた、その農家仲間の青年2人の熱心さのお陰で
2年間で、子供たちがわんさか増えまして、
(格安・・・というのもあり、・・・なにせ、当時私が決めたタダみたいなレッスン料から変わっていない・・・)
キッズ部門、修学未満時のエンジェル部門と合わせて40人にもなりました。
大人の部門は人数は少ないながら、それでも頑張って教えてくれています。


キッズ、エンジェルは、今回も可愛く踊ってくれました
癒しでございます。

そして、よくぞこんな小さな町にいらっしゃいました・・・
という大物ダンサーたちのパフォーマンスは素晴らしかったし、

我らが先生・・・・山田荘司(ユニット名です)
ダンスというよりミュージカルじゃないか・・・と思える楽しい踊りを披露してくれました。

そんな、可愛く、又すばらしいダンスが繰り広げられる中にあって
・・・・私のチーム、Sept Couleurs  は

なんと  その日一番の喝采を浴びてしまったのでした

なにせ踊ってる本人達が、爆笑プラス叫びながら、それでも体は動いていたという・・・

あまりに可笑しかったので、映像が手に入り次第、You tubeにUPしようと思っていますが
(夫のはビデオのハプニングで半分しか撮れなかったので


お陰さまで、本番前のものすごい緊張は一気にとけて
余計な力の抜けた、自分達にとっては良いダンスが踊れたと思います。
私は通しの練習では一度も成功しなくて、本番では省略しようと思っていた8カウントのソロ部分が(自分で振り考えたのに)、
省略するのも忘れて奇跡的に成功してしまいました
なにより、お客様、皆さんが思い切り笑顔になってくれたのが良かったかな


テクニックでまかなえない部分は「笑い」で・・・・ということで