昨日2月22日は猫の日だったそうです。
222でニャニャニャ だそうな。

そのせいか、マーケットにもこんなものが
普段利用していないお店に行ったので、前からあるのかな?

CIMG3807









にゃっとうはともかく

農家は猫がつきものです。

保存してある穀物を食い荒らすネズミを捕ってくれますから。


私はずっと猫が苦手でした。
飼った事もなかったし、近くにもいませんでしたから
引っ掻かれる、性格が冷たい・・・なんて先入観を持ってたのです。


猫との最初の出会いは、滝川に来て間もなく出会った「クロ」

家の裏口近くで苦しそうにして倒れていたのを発見。
どうやって猫抱っこしたらいいかもわからずにタオルにくるんで病院へ行きました。

お医者様に、「カルテに書くから名前が欲しい」と言われ、とっさに思いつかず、黒猫だったので「クロ」と命名(そのまんま)


ネズミ用の毒エサをどこかで食べたのでしょうか。神経性の中毒症で、手の施しようがない・・・朝まで生きられるかどうか・・・と診断されて、放っておくわけにもいかず家へ連れ帰りました。
体温が下がっていたので毛布にくるんで私のベッドの横に寝かせたものです。
ところがクそれからクロは、驚異の復活
1年かけてマヒした体も元どうりになり、びっこ引きながらも走れるようになりました。



次の出会いは、お母さん猫が交通事故で無くなって
取り残された子猫の「チビ」
ネコ4Chibi

夫がポケットに入れて連れ帰ってきました。
長女が一番可愛がっていて、いつも一緒に寝てましたね。
まだ幼児だった末っ子は、かわいさ余って思いっきり抱きしめるもんですから、ちびは末っ子を嫌って逃げ回ってましたね(笑)


初めて私のお友達になったのは
モミジネコのふじこさんでした。

家を建てた年に現れた小さな子猫さん。
親とはぐれたのか、小さくてやせていて、人間を見ると逃げて行きます。
お腹が空いているようで、怖がるくせに家の周りから離れません。

それでも毎日ごはんをあげているうちに、私に懐くようになりました。
おいかけっこして遊んだり、リンゴの作業しているときは脚立の下でずっと待っていてくれました。
家の敷地にキツネが入って来ると、「追い払おうよ!」とばかりに
大きな声で呼びに来ます。
一匹とひとりで、キツネに向かってヨーイドン!で猛ダッシュ
そりゃあキツネもびっくりして逃げて行きます。
キツネが去るのを確認すると
「やったねエライよ、君」みたいな感じでねぎらいの「ニャ〜」

犬みたいな、賢いネコさんでした。

今家の周りにいる猫は、みんなふじこさんの子孫です。
ふじこさんの子供は、個性豊かで色とりどりで
イケメン、美人揃いです。
あちらこちらに貰われて行きました。

去年、一日として家の敷地に帰ってこなかった日は無かったふじこさんが
突然帰ってこなくなりました。

毎日待ってました。

嫌な噂を聞き・・・
それでも「あの子は頭が良いから・・・」と
待ち続けました。



待たなくなった今でも時々、あの真っすぐなきれいな目を思い出すのです。




CIMG3688
ふじこさんの子供達

朝、ご飯をねだりにキッチンの窓へやってきます。

白がミルキー
鬼太郎カットが昭ちゃんです。

顔立ちの可愛い子から貰われていくので
うちに残るのは個性派にゃん



CIMG3674チビクロの「もっち」は
ふじこさんの最後の赤ちゃんです。










ちなみに、ふじこさんの最初の夫は言わずと知れた・・・
「ルパン」でした
老猫でしたが地域のボス猫。しかしふじこさんにはおちょくられていましたね


ああ・・・そうでした。
nECO Tシャツ、娘とお揃いで買ってしまったら・・・・・

CIMG3838

「はぁ??またウケ狙い?」と言われてしまいました