一週間前にあった事を思い出せないこの頃です
「収穫祭・・・」の続きを書く前に、とりあえず、日記を




昨日「たきじぇね」という、地域の音楽イベントがありました。
アマチュアで音楽活動をしている個人、グループならどんなジャンルでも応募できるという企画で、今年で3回目です。


私たちは1回目から応募して出演させて頂いてますが
今年は応募していないのに、勝手にエントリーされていました
98adbfe79f342f38015677dde522b92d1-438x620

小学生の女子ロックバンドから
80歳に手の届きそうな紳士が奏でるハーモニカ、
牧師さん率いるゴスペルまで
老若男女、さまざまなジャンルの演奏を聞く事ができます。

今年はバンドだけではなく、ダンスチームも参加しました。
ダンスといえば・・・・(地域で営業している大手のダンススクールもありますが・・・)
今や40人近い生徒を抱える、ワンコイン農村ダンススクール
「山田荘司ストリートダンス」さんでしょう


と・・・ゆっくり書いている時間はないのですが

音楽はやはり良いですね。
ステージの最後は私たちのバンドの演奏で
Boomの「風になりたい」を出演者全員で歌って踊りました。
裏方でお世話になったスタッフさんたちも、
ダンスのチームメイトも、
かわいいかわいい幼稚園児やキッズの子供たちも、
本当に楽しそうに踊って歌って大合唱。
子供のお母さんの中には感動して泣いていた方も


國學院の稲作体験もしかりですが、「一体感」という感動は
これほどシビレルものはないと思うのであります。


ダンス・・・・4×歳には見えないと、皆さんに褒められちゃいました
キッズの小学生には「遠くから見たら高校生に見えるよ」・・・とも
・・・・・いや〜ん

・・・・・つまりこれが書きたかったわけです。えっへん