10月22日
今朝は道内各地で氷点下になりました

CIMG3041

    地面は8時になっても真っ白でした。



さて・・・ 一年で最も眠れない時期・・・・
それは「ひめかみ」りんごの収穫が始まる時です


ギフトがてんこもりです


早いお客様は2カ月も前から御予約のFAXやメールが届きます。
本当に感謝、感謝<(_ _)>です。

しかし、それゆえ毎年、ひめかみの時期が近づくとちょっぴり不安になります。

「数・・・足りるだろうか・・・
「台風来ないよね・・・」
樹を見ながら祈るような気持ちです。

お客様が増えてうれしい半面、近年ちょっと困惑しているのが、
「規格外品」のお問い合わせです。

「規格外品」とは、色がちょっと悪かったり、変形していたり、アザがあったりして商品としては少し落ちるものです。

味の落ちるウラナリや、虫食い、腐りが早くなるような傷があるものは
入りません。クズりんごではけっしてありません。

味が変わらないのですがお値段は安くなります。
・・・・ということで、とても人気がありますの


ところが、規格外品は選別の段階で出てくるものですから、
いったいどれだけの量ができるのか予測がつかなくて


そもそも、は栽培の段階で、悪いものは小さい実の内に落としてしまいますから、そうそう規格外は出てこないのです。


・・・・りんご1個は、樹になったリンゴの実が小さいうちに選抜して、8割がた実を落とした後に残ったエリートたちなのです

おひとりで、5箱6箱の予約・・・が重なると、3,4人で無くなってしまうので
たくさんのお客様の中からその人数を選ぶことはできません

「無骨だけれども美味しいりんご」・・・・消費者にしてみれば当然ですよね。