つがる、まつだつがるが売り切れ
しかないという緊急事態・・・
20日過ぎてからの晩成のりんごの収穫までに売るリンゴがありません

今年のおかしな天候、暑さのせいでリンゴも遅れがち・・・実り方も今までにない状態になっています。
やはり温暖化良いことなどないようです。


さて、以前に書きましたが、
地元のバー、「バーブラジル」さんへ、昨夜今シーズン最初の「旭」を納めて来ました。
当園の「旭」リンゴでマスターオリジナルの季節限定カクテルが今年も飲めつようになりました

丁度、高校生女子4人がファームステイしていましたので
マスターにお願いして、お客様のいない時間帯にお邪魔し、
生徒たちにノンアルコールで、りんごカクテルを作っていただきました

彼女達にとっては思いがけない体験
まさか北海道の田舎、農村で、バーに入って飲めるとは


カウンターでかしこまって座った彼女らの前で、
一杯のグラスにまるまる一個のリンゴを使っての、半分料理のように繰り広げられる目の前の手早い作業。
そしてマスターの華麗なるシェイカーさばき
大きめのカクテルグラスに注がれるキラキラした液体

彼女たちいわく、「テレビに出てくる光景に自分たちがいた

農家の応援団でもある素敵なマスターは、彼女たちにお酒の歴史の話や果物を漬け込んだリキュールの話などもしてくれました。


配達ついでの思いつきではありましたが、
「ちょっと大人の世界を覗けた30分」に夢見心地の17歳でした。

BlogPaint

BlogPaint