8月25日

田んぼのヒエがひどいです。
農薬を控えているとはいえ、除草剤は田植え後に一度撒きます。

・・・・それが失敗したのかな・・・
今日は田んぼに入って、一生懸命カマで刈り取っています。
ものスゴク鍛えられます。

シェイプアップしたい方、体力つけたい方、夜ぐっすり眠りたい方
我が家にいらして下さいませ。


さて、ここ数日毎日パンを焼いています。

以前からやってみたかった、
「北海道産、パン用小麦の食べ比べ」v( ̄∇ ̄)v

エントリーNo,1  国産小麦で食パンを!
          長年の期待を背負って登場した幻の粉
          ハルユタカ

エントリーNo,2 ハルユタカの栽培上の欠点に改善を加えて登場 
          製パン適性はハルユタカをしのぐといわれる
           春よ恋

エントリーNo,3   秋蒔き小麦の革命児!
           広大な十勝でパン用小麦を!
           キタノカオリ

CIMG2875左から

 ハルユタカ
 
 春よ恋

 キタノカオリ





 
 色も弱冠、違いますね。

  小麦の風味を損なわないよう、天然酵母を使いました。

  食感が最もモチモチしていて、主張が強く感じられたのは「春よ恋」
  
  春よ恋よりもちょっとあっさりとした風味に感じたのが「キタノカオリ」

  ハルユタカは他の2種と比べると、ややもっちり感で劣りますが
  食パンらしい、サクッと感も兼ね備えて使いやすそうなのが
  「ハルユタカ」

  ・・・・という感想を述べてくれたのは、ラジオ仲間の青年でした。
  
 普段、こってりソース系のお肉類をガツガツ食べていそうな彼ですが、
  なんと、3品種全部当てちゃった

 びっくりしました 

  それにしても、まだまだ伸びシロのありそうな北海道小麦達なのでした。