8月12日

気温が高くて湿気が多くて・・・・
このところのお天気は、高温多湿が母国の稲にとっては良かろうと思いがちですが、そもそも北海道はお米が作れる気候ではなかったですから、
北海道で採れる品種はどれも北国仕様です。

それがこのお天気・・・・冷夏、長雨の昨年とは別の意味で、いもち病大発生の予感です・・・
収穫時期の乾燥を好む小麦や菜種もあんまりよくありませんでした。
カラッとした夏が、北海道だったのにね

8月に入ってからの1週間は、農作業の合間に毎日何かかにか行事が入っていました。

その中でも・・・・・
8月4日は、「滝川おもしろ食育塾」
(活動を始めて3年目、今年の4月から正式に市民グループ化し、市の補助金も降りることになりました)。
恥ずかしながら、私が代表を務めています。

・・・・の夏休み企画「農家へ行こうを行いました。

天気予報はだったのに、
さすが今年限定「降らない女
日差しも柔らかく、絶好の農村体験日和となりました。

周りに田畑のない地域の子供たちを対象に応募したところ、学童保育の先生方がまっ先に手を挙げて下さり、その他にも親子での参加もあり、募集期間が短いのにもかかわらず、思ったよりも多い約60名のツアーとなりました。

多種類の野菜を栽培している、友人の平沢さんの農場をお借りして
ゴボウ、トマト、ニンジン、玉ねぎを収穫。
ジャガイモ掘りも予定していましたが、雨続きで畑の状態が悪く断念しましたが、子供たちは大喜びでした。

収穫はもちろん楽しかったようですが、農村はそれ以外が面白い

掘りだしたばかりのゴボウを折って、土をほろってかじってみたり
畦に植えてあるミントを摘んで食べてみたり、ニワトリを抱っこしてみたり
そして、子供のテンションが最も上がったのは、
「カエル」の捕獲
カエル・・・・持ってカエル・・・・何度大人たちに止められようとも
飽きることなく捕まえては遊んでいました。
現代の子供たちには、カエルさえ珍しいんですね。

個人情報の関係で、子供たちの生き生きとした表情の画像がUP出来ないのが、ちょっと残念です。