Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

2011年03月

北海道中空知は今日も良いお天気でした。
此処にいると、まるで何事もなかったかのような、穏やかな日常があります。

朝、目を覚ますと

CIMG3907

5時だろうが7時だろうが、とにかく私が起きると窓に集まり
朝ごはんをねだります。

CIMG3911・・・・顔が殺気立ってます。


人間より早い朝食でお腹がいっぱいになると、

CIMG3914

 
・・・・・のどかです。


 

そんな中、
夫は 先日から大仕事してました。

SN3R0057 

私たちが就農する前から植えてあった防風林です。
30メートルくらいはあるのでしょうか。

林檎園の南にあって、葉が生い茂ると、林檎の樹がみんな日陰になってしまい困っていました。


それを、とりあえず7本ほど、切り倒しました。




 果樹農家の必需品・・・チェーンソーを使います。

 切ってる最中は、木が大きいので、ハッキリ言って怖いです。

写真を撮るどころではありません。
 
防風林は、りんご園を南北に分けるように生えていて、
どちらに倒してもリンゴの樹が下敷きになってしまいます

BlogPaint


端の木から一本づつ、畑側に倒すよりありません。
一歩間違えると、人間が下敷きになります。

決死のノコ使いです


どうにかこうにか

SN3R0059

無事終了

残りは来年切ることになりました。

SN3R0060

樹液ですが・・・・木が泣いてるみたいです

今年また植えるからね。 ごめんね。

BlogPaint畑側です

 とんびも高い木が少なくなって、ちょっと不満げです。
 







北海高校、
加古川北高校

負けちゃいましたね。

でも、よくぞここまで頑張りました。

打って、走って、投げて、守って

全員野球でしたね。

最近泣けるんだな〜・・・・

居ても立ってもいられません。

近隣で何気に原発の話になっても、ここでは他人事です。

触れちゃいけない・・・みたいな空気も感じます。

電気ないと困るしね・・・・とまるで日本の電気事情を知っているかのような
、いかにも大人な発言も聴きます。


「でも、もうそんな悠長な事態ではないと思う。」
とりあえず私はその一言だけ言います。
それ以上言うと爆発しそうなので・・・・・


現在の状況が良いわけありません。
終息に向かっている?
冗談じゃありません。

楽観視し過ぎてませんか?
そもそも最初からあまりにも楽観的でした。


私はマーケットで、今、福島産、群馬産野菜、見かけたらたくさん買ってます。
日本の食品基準の厳しさを知っているから。
わたし自身の成長はもう横ばいだから・・・

でも、放射能がどういうものかものか、
今、どんなに多くの危険性がはらんでいるかくらいはわかります。


自衛隊を原発の汚染水処理のために増員するとか言ってます。

どれだけ被爆者増やすつもりですか?


マスコミに登場する専門家は半減期の短い放射能の話ばかり強調しますが、プルトニウムまで検出されていて、それはないでしょうと思います。
大気から被ばくするのと、食べて被ばくする違いさえ、うやむやにする専門家の発言にはげんなりします。


地球上が大騒ぎなんですよ


先を、もっと先を見て欲しい。

先立つは、少なからず被爆した人をいかに万全の準備で手当てするか
被ばくする可能性のある人達が、いつそうなっても少なからず安心できる最先端の医療、予防医学を福島に集結させる事です。
被ばくしていない状態での血液採取
最新の防護服(NASA頼っておくれよ)
命を尊重するならなんでもやって欲しい。
子供手当など早急に打ち切って予算投入してほしい。
本当の子孫への手当はこちらです。


日本は大陸じゃありません。

何十年も立ち入り禁止区域をこの国に作ってしまうのです。
海水浴のできない海辺がいくつできるのでしょう。
美しいのに飲めない水が流れる川。
あなたは原発から31キロ先で採れた魚を目の前に出されて、自分の愛する人に食べさせられますか?

それができるのなら、原発を肯定して下さい。


全ての対応が事が起こってから慌てているようにしか見えません。
最小限の準備にしか見えません。

水に、空気に県堺も国境もありません。

スリーマイル、チェルノブイリ
私たちは何のために歴史を学ぶのでしょう。
あの時関わった人たちはどうなったのか
あの地域はどうなったのか
どうか、どうか直視して下さい。


タイ政府が、東京電力にガスタービン発電機を送ってくれるそうです。
本当にありがたい。
でも、使用すべきは被災地です。
福島原発にあやかって来た分、返すべきでしょう。



※ 以下のサイトは、署名を強要するものでも、特定の政党、候補者を名前を挙げて支援するものでもありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンライン署名にご協力下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の原発事故によって被ばくや放射能汚染だけでなく、

地震や津波に襲われた方々への救援活動が遅れるという

事態が起きています。

 

グリーンピースは政府に、人や自然を傷つけるエネルギーから、

自然エネルギーへの政策転換を求めるオンライン署名を始めました。

ぜひご参加下さい。

http://www.greenpeace.org/japan/edano3/?20110328gv

 

 

統一地方選でも、候補者に決心してもらいましょう。

『でんきを選ぶ、選挙でえらぶ』ご参加はこちらから

http://www.greenpeace.org/japan/election/?20110328gv

 

高校野球!
胸の奥を熱くしながら聴いてます。

北海高校、なんと天理高校に勝利しました
北海ナイン、どれほど嬉しかったことでしょう

そして今日は、ひそかに・・・・・・・かなり大っぴらに応援している
加古川北高校も、すばらしいピッチングとチームワークで勝ち進みました

ラジオでは負けてしまった高校球児たちの様子を言葉で伝えますが
肩を落として、それでも精いっぱい戦った生徒の様子が伝わります。

東北勢は負けてしまったけど、きっと地元の人達はたくさんの元気をもらえたと信じたいです。



子供たちに何ができるだろう。

私の住む滝川市もかなりの財政難です。
教育、若者支援にかける予算は、恥ずかしながら近隣の市町村の中でも低レベルだと思います。

そんな中でも、小さなアイディアで子供達に何か心温まるプレゼントを考える職員さんもいます。


愛と勇気を量産しよう

SN3R0053

 赤ちゃん訪問の時に、上のお子さんにプレゼントする指人形です。
 コツコツとALL手作りです。
 
 仕事の合間を縫って、2時間ばかりお手伝いしてきました。
 アンパンマンの顔の表情が・・・・バラバラです

SN3R0054


フィルムケースに小豆を入れたガラガラとセットで出来上がり

SN3R0055

フィルムケース・・・・デジカメの時代・・・非常に手に入りにくくなりました

在庫わずか・・・・
入手できる所を知ってる方、いらっしゃいましたらお知らせください<(_ _)>

白鳥の飛来を見ました。

今日3月28日は長男の誕生日です。

宅急便がどうにか届くようになったらしいので、欲しいものを尋ねると
家族が被災した友人を思ってか、何もいらないよと返事が来ました。

おめでとう・・・とは書けなくて、
ありがとう と書いたカードを、食品と一緒に送りました。


1年として同じ年は無いとはいえ、この1年は大きすぎる変化がありました。
私の身近にいたのに、もうけして会えない人が何人もいます。

命が、笑顔があるだけでいい。
改めてその重さを想います。


小さい時から可愛がっていた姪っ子が、東京の学校に進学するために引っ越して行きました。

地震、放射能、・・・・
「そりゃあ怖いよ〜」と不安は隠しきれません。
それでも笑顔で飛んで行きました。

友人の息子さんは、東京消防庁への採用が決まっています。
口には出さないけど、本人もご両親もきっと心配で不安で、どうしようもない気持ちで一杯だと思います。

それでも、彼は東京行きを決めています。




人間にも羽根があったら、こんなに心配する事もないのでしょうに

白鳥飛~1山形、味の農園さん

「国際環境NGO グリーンピース」 という環境保護団体があります。
活動が広範囲で、世界各国に拠点があることから
知ってる方もいらっしゃるでしょうね。

私はメンバーではありませんが、彼らの研究報告はかなりまともで、そこ!そこが知りたかったの
という資料も提供してくれますのでメルマガなどにも登録しています。



以前、日本の調査捕鯨船を襲った「シーシェパード」なる過激な団体さんとは違いますので誤解のないように(笑)
昔は熱入りすぎた言動はあったようですが・・・



原子力発電、怖いけれど無かったら生活はどうなるの?
所詮、庶民には選択の余地は無い?と思っていませんか?

私たちにも出来る事があるかもしれません。


よろしかったら
下記のサイトで著名を考えてみてください。
ワンクリック詐欺とかじゃありませんので安心して下さいね(笑)
タイトルが面白いです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンライン署名にご協力下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の原発事故によって被ばくや放射能汚染だけでなく、

地震や津波に襲われた方々への救援活動が遅れるという

事態が起きています。

 

グリーンピースは政府に、人や自然を傷つけるエネルギーから、

自然エネルギーへの政策転換を求めるオンライン署名を始めました。

ぜひご参加下さい。

http://www.greenpeace.org/japan/edano3/?20110328gv




 

今日は、小学生以下のお子さんとその保護者が集まっての、お味噌、豆腐作り教室でした。

どこでどう見つけたのか、3年前に取り組んだ「親子味噌作り教室」の報告書を
農政事務所、滝川食糧事務所の方が読んだらしく
「大豆の加工教室をやって欲しい。」という依頼がありました。


以前は、収穫した大豆の枝に、サヤのままついた豆を子供たちで
落とす所から、選り分け、加工の一連の作業でやりましたが、
今回は加工のみです。


せっかくなので、お味噌の材料である米麹も
「手作りしましょう」と言ってしまいました(また始まったよ

手作りしようって・・・言えるほどキャリアはありません。
2年前に別の加工所で教えてもらったのを含めて、今回は4回目。
たった3回の経験しかないのです。


麹作りには3日間かかります。

初めて自分で作った時は、
「使えない事ないんじゃない〜」と先輩に言われた程度のお粗末な出来。
2回目は、まあまあ・・・・

麹作りのマニュアルはありますが、あくまでも参考にしかなりません。
麹は麹菌、生き物なのです。
原料のお米の質、蒸し具合、温度管理はもちろんのことですが
外気温や空気の流れ、麹室の空気にも左右されてしまいます。

札幌で「北海道フードマイスター上級試験」のセミナーを受けた時に
講師の食・工房ミイロの高井先生が麹作りに詳しく、
「加工場所それぞれで、最適な方法が変わります。回数を重ねて会得しましょう。」と言っていました。

今回作るのは20キロの麹。
蒸したお米に麹菌を混ぜて、保温庫に入れます。
翌日、午前と午後の2回、切り返しといって、お米全体を返して酸素を補給してあげます。
そして3日めに出来上がり・・・・

麹菌は強い菌ではありませんから、麹作りが近づいてくると
納豆やヨーグルトは食べられません

呼吸と一緒に、お腹の中の乳酸菌や納豆菌が空中に出てしまい
麹菌が負けてしまうのだそうです
恐るべし納豆、乳酸菌

とにかく雑菌はなるべく入れない。
特にまだ麹作り回数が少ない加工室は麹菌が住んでいないので
注意が必要です。

2日目、一回目切り返しの出来はまあまあ、
2回目の切り返しでは進展なく、不安ながらもマニュアル通り保温庫のヒーターを切って家に帰りました。
3日目の朝、出来上がりのはずが、花が咲いていません。
(お米に麹菌が行行き渡り、キレイに白くなることを、ハゼるとか花が咲くと言います。
責任重大
こうなったら、りんごよろしく、麹さんにどうしたら良いか尋ねるしかない

「麹さまいったい何が足りないんですかっ

「・・・・・・・・。」

「すみません 人間の分際で・・・
私のすることに、何か足りなかったのでしょうか、
でも明日、みんな来るんです
あなたが出来ないと、お味噌作れないんです

「・・・・・・・・・。」

「お願いします。どうかどうか


「・・・・・僕たち、急がされるの嫌いなんだよね。
君ごときの腕前で、マニュアル通りの時間で出来ると思ってんの?
周りは知らない菌ばっかりで、僕たち他所者扱いだしさ・・・
そもそも此処、寒くない?」


そう、聞こえた事にしましょう。


とにかく、折角手伝いに来てくれた塾の仲間に、5時間後にもう一度
来てもらう事にしました。
一度切ったヒーターを低めの温度でもう一度設定しました。

夕方、かなりの感触、保温庫から出し、通気性の良いザルに空け
上に厚めの大判タオルをかぶせて一晩置きました。


そうして出来たのが

これ

CIMG3906

初めての大成功でした。

良い麹はとても良い香りがします。
麹を混ぜた手はツルッツルになります。
(顔につけたら良いんだろうな〜


今日一日、味噌や豆腐作りの指導も忙しくはありましたが

麹作りの3日間はとてもとても長かったです。


3年前にやった大豆教室の時に参加してくれた親子さんや
深川の青年の家で、一人でやった食育教室の時に参加してくれた親子さん

私は顔を忘れてしまって大変失礼をしましたが、
「あの時、楽しかったし、美味しかったのでまた参加しました。」と声をかけてくれました。

大変うれしかったです

教室が始まる時に、被災地の方たちの食糧事情をちょっとだけお話して、

「・・・だから、今日の材料のお米の一粒、大豆のひとかけら
大事に大事に扱ってくださいね。」・・・と子供達に言いましたら
本当に、ボールに残った一粒も「まだあるよ!!」って
大事にしてくれる子がたくさんいました。

皆さん、どうもありがとうございました。

そして、一緒に取り組んでくれた塾の仲間たち、
本当にお疲れさまでした。


今日の教室の様子は、近々、農水省のホームページにUPされるようです。
写真もらいたいな〜

原子力発電所で働いていた方のサイトです。
友人のブログにありました。

現場の憤りが伝わってきます。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html



私はあるJA関係の建物の改築にちょっと関わり、これと似たような疑問と驚きを感じました。
原発もこの通りなら、恐ろしいです。



直接原発とは関係ありませんが
公共建造物の入札制度にも、似たような憤りを感じています。

説明すると長くなりますが、入札制度は、私はけして「善」とは思いません。

心痛めるニュース、情報が毎日のように報道されます。
そんな中、気持がほぐされるのが「春の選抜高校野球」です。

北海道は、初日、北海高校が初戦突破
雪が特別多かった今年、近年屋内設備が整ってきたとはいえ
昔から春は弱いといわれる北海道勢が頑張ってくれるのは本当にうれしいです。

そして、今日はもうひとつうれしい勝利がありました。

兵庫県の加古川北高校が初戦突破

我が家には毎年、農業体験に中、高校生がやってきます。

加古川北高校は、実は私の地域では担当していないのですが
一昨年、担当地域で受け入れ農家が足りない・・・とのことで
我が家が引き受けた事がありました。

1日体験、宿泊体験の多い中、加古川北高校は半日体験
逆に、短い時間でいかに伝えられるか・・・・と悩んだので
記憶に残っています。
写真を撮る暇もなかったのが今も悔しいかな・・・


その、遠く離れた、私も未だ訪れた事が無い土地の生徒たちの
学校名が出てくると、そりゃあ嬉しくなります。


加古川北高校の生徒諸君 初戦突破おめでとう
この後も応援してるよ


兵庫県も阪神、淡路大震災の時に多くの方が被災されました。

以前やって来た尼崎小田高校の生徒たちは5歳で被災、

震災で親を亡くしたという子、
「今年やっと、念願の家が建ちました」と報告してくれた子。

震災後十年以上経っても、終わってはいなかったんだ・・・・と
痛烈に感じました。


今時の若者は・・・とよく言いますが

先日仙台の避難所から帰って来れた、大学1年生の友人の息子さんは
避難所生活中、近くから集めた水や食料はおろか、やっと配給された食料を全てお年寄りや幼い子供にあげて、大学生の子たちは一口も食べなかったそうです。

見かねた地元の自衛隊駐屯地の上役の方が
「本当は上部からの命令が無いと違反なのだが・・・」と
現場判断で、隊の非常食を4日目に学生に配ったという事です。


自然災害のみならず、人災と言わざるお得ない原発の事故
その対応、

それを作り上げてしまった、私たち。
本当にすまないと思います。

しょうもない政府、しょうもない企業。
でも、私たち大人ひとりひとりの不勉強がそう言った人選、体質を
作ってしまった気がします。


頑張れ!若者!

北海道滝川のおばちゃんも、なんにもできないけど
ひとつでも多くの食べ物、頑張って作ります。
そして
甲子園を夢見て、毎日汗して頑張るも、その夢を見ることさえ出来なくなってしまった子がいることに思いをはせて、ご冥福を祈りたいと思います。

21日はお米配達で札幌へ行きました。
今回は配達量も多く、その上厚別区、白石区は驚くほど残雪が多くて、
想像以上に時間がかかり、後半のお客様のお届けがかなり遅くなってしまいました。
ごめんなさい<(_ _)>


高速道路を走っていて気が付きました。
いつもより大型トラックが多い事。
燃料を摘んだタンクカー、
みんな港へむかって、東北へy送られていく車かもしれません。

一般車がどんどん追い抜きます。



私にできる事



運送車両の前に急に割り込まない。
  〃   の走行を優先する。
当分、急がない時は高速道路を利用しない。



私は物流を担うトラックに、タンク車に、フェリー、タンカーに
日々の糧をどんなに頼って来ただろう。
経済学者がいなくても経済は回ります。
でも運送車両がないと、経済は回りません。


















このページのトップヘ