Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

2011年02月

今日も朝から紫外線指数の高そうな
晴天気持ちのいい青空が広がっていました。


さて

準備良し

SN3R0033


自分も十分怪しい出で立ち・・・と思いながらりんご園で仕事をしていると

「目だし帽は、チクチクしてかなわんから・・」と
新バージョンのおじいちゃん現れる

SN3R0034

画像がぼけて解りずらいですが
サングラスに段ボールの鼻当てつけてるのです。

負けました・・・・









SN3R0037












陽が長くなったとはいえ
4時を過ぎると、もうすっかり日陰です。

落ちてる枝は、全部切り落としたもの
私は迷い迷い・・・ なので義父の倍、時間がかかります。

いつまで経っても追いつけないです



雪が解ける4月上旬まで続きます。












昨夜、我が家で「総会」を執り行いました。

何の総会といいますと、農家バンドの総会です。

CIMG3868 11ページに及ぶ資料
・・・よくやります

規約あり
収支報告あり
事業報告あり、
次年度の計画あり



ジョークにしては懲りすぎています
・・・というより
かなりまともです




 そして、総会と言えば懇親会・・・・

 以前からやってみたかったのですが
 料理全般、担当させてもらいました。

 大食漢の後期ミドルエイジ男性諸君3名と、
 30代前半男子3名、女子1名、我が家の末っ娘
私を入れて9名

凝った創作料理はやめまして、オーソドックスに
日本の洋食の原点みたいなメニューにしました。
だけど作り方には時間と愛情込めさせていただきました。

美味しかったかどうかは別として
勉強になりましたね〜

反省点は、
|兵茲蝓ΑΑ思ったよりかなり時間がかかりました。
 家族に作る食事と大人数でのホームパーティでは、段取りそのものが違うというのを実感。
▲瓮縫紂爾増えることで全体の適切な量がわからない・・・
 どれだけ作ったらいいんだろう・・・回数をこなすしかないです。
4錙ΑΑΑΔ箸砲く・・・足りないというか、まちまちです
 何にでも使える白い器をもう少し買い揃えたいと思いました。

メニューは
 
☆和風ピリ辛カルパッチョ
  レタスの粗い千切りの上に、白髪ねぎをたくさんのせて、
  ゆずポン酢とゴマ油のドレッシングを薄めにかけます。
  上にマグロを並べて。マグロ一切ずつに食べるラー油を乗せ
  カイワレ大根をちらします。

☆ロールキャベツのトマト煮込み
 トマト缶をたくさん使って、骨付き鶏肉も一緒に煮込んでダシをとりました。
 塩っ辛いの大好き後期ミドルエイジの体のために、塩を薄めで美味しくするには
 ダシは肝心です

☆グラタン
 バターが多いグラタンなので、ホワイトソースは低脂肪牛乳を使いました。
 具材は、我が家で採れた男爵イモ、長いも、長ネギ。
 ジャガイモはふかして、長ネギは白ワインで蒸し煮、長芋は生で
 チーズと少しのベーコンを間にはさんで
 長ネギが甘くて、ちょいあっさりめのグラタンです。

☆スパゲティミートソース
 牛ひき肉、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ニンニク、野菜をがっちり入れて
 煮込みました。これは、夏に家のトマト使うともっともっと美味しいんですが。

☆ポークカレー
 1キロ近い肩ロース塊をゴロンと丸ごと煮込んだ2日がかりのカレーです。
 ライスはちょっと贅沢にサフランをたくさん使いました。
 牛だと思った人もいたようです。

☆プリン
 基本の作り方で・・・
 カラメル入れるのすっかり忘れてしまい型から外しにくかったです
 後からかけたカラメルがチョイ焦がしてしまいましたが
 苦みがいいと逆に男性にウケました
添えたいちごは「あまおう」で・・・最近昔より安くなりましたね。

 慌てたので盛りつけがダメダメ・・・
 写真も一瞬・・・でフラッシュたいちゃったし、あまりUPしたくありませんが・・・
そうそう、カレーも撮り損ねました・・・

CIMG3864

CIMG3866

CIMG3865

CIMG3863

 まあ・・・今回は味勝負・・・ということで
 
勉強になるし、楽しいし、こういう機会を増やしたいと思います。 
 次回はどうしようかな・・・


 
 


りんごの木の剪定が始まっています。

今日も義父が先に園地へ行って、一生懸命、太い枝から切っています。

りんごの良い実をならすためには、この剪定の技術がものすごく影響します。
しかも、剪定が良かったか悪かったかの結果は、今年じゃなくて2年後以降に現れるという
恐ろしいものです

おまけに品種によって性格が違うので
剪定の仕方も変わります。
りんご栽培を一度辞めてしまうと、もう戻れない・・・と言われるのはそんなわけです。

気温が上がった10時頃、義父が今日も園地に行きました。

行かなきゃ・・・・
行かなきゃ・・・・
ドアノブにかかる手が震えます・・・・

仕事がしたくないわけじゃないんですよ
本当です。
お天気が良すぎるんです〜

スキーやボード滑る人なら解りますよね。
2月の晴天、雪山の外に半日出たらどうなるか・・・・・




   こうなる







BlogPaintせめてかわいく描きました

 空から、地面から、ダブルの紫外線は、夏の比ではありませんっ
 義父でさえ、
 目だし帽をかぶるんです
 
 

年々衰える肌の再生機能・・・・

誰かウルトラUV日焼け止めクリーム知りませんか?
 
  


     ビジュアルなんて捨ててしまおう・・・
     がんばれ・・・・私・・・・・


昨日2月22日は猫の日だったそうです。
222でニャニャニャ だそうな。

そのせいか、マーケットにもこんなものが
普段利用していないお店に行ったので、前からあるのかな?

CIMG3807









にゃっとうはともかく

農家は猫がつきものです。

保存してある穀物を食い荒らすネズミを捕ってくれますから。


私はずっと猫が苦手でした。
飼った事もなかったし、近くにもいませんでしたから
引っ掻かれる、性格が冷たい・・・なんて先入観を持ってたのです。


猫との最初の出会いは、滝川に来て間もなく出会った「クロ」

家の裏口近くで苦しそうにして倒れていたのを発見。
どうやって猫抱っこしたらいいかもわからずにタオルにくるんで病院へ行きました。

お医者様に、「カルテに書くから名前が欲しい」と言われ、とっさに思いつかず、黒猫だったので「クロ」と命名(そのまんま)


ネズミ用の毒エサをどこかで食べたのでしょうか。神経性の中毒症で、手の施しようがない・・・朝まで生きられるかどうか・・・と診断されて、放っておくわけにもいかず家へ連れ帰りました。
体温が下がっていたので毛布にくるんで私のベッドの横に寝かせたものです。
ところがクそれからクロは、驚異の復活
1年かけてマヒした体も元どうりになり、びっこ引きながらも走れるようになりました。



次の出会いは、お母さん猫が交通事故で無くなって
取り残された子猫の「チビ」
ネコ4Chibi

夫がポケットに入れて連れ帰ってきました。
長女が一番可愛がっていて、いつも一緒に寝てましたね。
まだ幼児だった末っ子は、かわいさ余って思いっきり抱きしめるもんですから、ちびは末っ子を嫌って逃げ回ってましたね(笑)


初めて私のお友達になったのは
モミジネコのふじこさんでした。

家を建てた年に現れた小さな子猫さん。
親とはぐれたのか、小さくてやせていて、人間を見ると逃げて行きます。
お腹が空いているようで、怖がるくせに家の周りから離れません。

それでも毎日ごはんをあげているうちに、私に懐くようになりました。
おいかけっこして遊んだり、リンゴの作業しているときは脚立の下でずっと待っていてくれました。
家の敷地にキツネが入って来ると、「追い払おうよ!」とばかりに
大きな声で呼びに来ます。
一匹とひとりで、キツネに向かってヨーイドン!で猛ダッシュ
そりゃあキツネもびっくりして逃げて行きます。
キツネが去るのを確認すると
「やったねエライよ、君」みたいな感じでねぎらいの「ニャ〜」

犬みたいな、賢いネコさんでした。

今家の周りにいる猫は、みんなふじこさんの子孫です。
ふじこさんの子供は、個性豊かで色とりどりで
イケメン、美人揃いです。
あちらこちらに貰われて行きました。

去年、一日として家の敷地に帰ってこなかった日は無かったふじこさんが
突然帰ってこなくなりました。

毎日待ってました。

嫌な噂を聞き・・・
それでも「あの子は頭が良いから・・・」と
待ち続けました。



待たなくなった今でも時々、あの真っすぐなきれいな目を思い出すのです。




CIMG3688
ふじこさんの子供達

朝、ご飯をねだりにキッチンの窓へやってきます。

白がミルキー
鬼太郎カットが昭ちゃんです。

顔立ちの可愛い子から貰われていくので
うちに残るのは個性派にゃん



CIMG3674チビクロの「もっち」は
ふじこさんの最後の赤ちゃんです。










ちなみに、ふじこさんの最初の夫は言わずと知れた・・・
「ルパン」でした
老猫でしたが地域のボス猫。しかしふじこさんにはおちょくられていましたね


ああ・・・そうでした。
nECO Tシャツ、娘とお揃いで買ってしまったら・・・・・

CIMG3838

「はぁ??またウケ狙い?」と言われてしまいました


地元の新聞社、プレス空知、に私たちのバンドが紹介されました。


どうでもいい話ですが
地元紙・・・・で、どうしても思い出すのが「北海タイムス」
とっくの昔に無くなりましたが、
ブンヤ・・・関係を経験した私にはちょっと懐かしい名前です。

話を戻して・・
c7779bdc
手元に無いので、ボーカルAki☆ちゃんのブログから借りました(うふふ)
 http://blog.livedoor.jp/doletan/

「各地から依頼が殺到」・・・って・・・
ウソではないですが・・・強気な見出しですね

テクニック的にはけして上手なバンドではないと思います。
  ・・・私がメンバーなくらいですから

しかし、なぜかウケます。
バンドのメンバー構成も20歳代から私までと、とっても幅広いのですが
気に入って下さるお客様も、子供からおじいちゃんまでと年齢層が広いのです。


そのせいか、ライヴのオファーは、大抵がライヴ終了後の会場でお願いされます

出来る限りはお受けしようと思いますが
仕事しながら家族いながらですから、けっこう無理して都合をつける事もしばしばです。

取材時に記者さんに
「家庭不和にはなりませんか???」と質問され
苦笑いするメンバーもおりました。

あ・・・・我らは家族含めた福利厚生もしっかりやっておりますとも



ご自慢は?

仲良しです。・・・・ん〜・・・・というより
仲間です


立春過ぎてもまだ寒い
稲作農家には、その時期に望むべくもありませんが


お花見したい仲間です


P1050527Phot By Wolf3


 春よ来い




農協スカパール☆ライスオーケストラ
ホームページ http://www.h4.dion.ne.jp/~juno/ja.htm

地元ラジオ局の方を通して
嬉しいものをいただきました。

以前ブログに載せた、カクテルのお店「バーブラジル」のマスター手作りの

いとう農園の旭りんごで作ったジャム


CIMG3798

 ビンのシールロゴは、オリジナルではないと思いますが
 入れ物が違うだけで、おしゃれですね〜

 旭らしい食感の優しい味のジャムでした。
 
私が作るジャムといったら、

ど〜ん

CIMG3801ブルーベリー、カボチャ、ルバーブ、ブラックチェリー

消毒はしてますから3年くらいもちますが、
プレゼントにはちょっと・やぼったいです・・・
かわいい小ビンも用意したらいいのですね


今朝、就職活動のために長男が突然帰ってきました
明日、札幌で二つのセミナーに参加するとのこと、
大変な時代にぶつかってしまったものです


息子からもうれしいプレゼント
・・・・じゃない、お下がり

CIMG3803 2世代くらい前の iPod nano

 iPod Classic を買ったということで、もらいました。
世代が多少古かろうと、容量は私には十分です
農作業アイテムが増えました。

息子は7年間使い続けた携帯電話がついにおかしくなったという事で
こちらでスマートフォンも!購入
欲しかった機種が2、3ヶ月待ちのようで、悩んだ末、シャープのLIMXで妥協したようです。


スマートフォン持って、iPod 持って、どっちも同じじゃないの?と尋ねたら、
「使い道違うから・・・・」ですって
バイト代で買うのだからうるさいことも言えませんが、
こんな質問する自体が、昭和・・・・なのでしょうかね

ストレス解消にダンス習っています。
アラハン=Around 半世紀・・・注)個人の造語ですので一般的に通用するコトバではありません
に差しかかる年で始めましたから、物覚えの悪い事この上なく
緊張すると、右手と右足が一緒に出るみたいな事が頻繁に起こります。
農作業で忙しい春を迎える前に、ある程度上達しておきたいものなのですが・・・・・

今、体の筋肉の一部分一部分を動かすという
アイソレーションなるものを練習していて、
前に歩きながら腰を左に振る・・・・というのが全くできません。
必死に鏡に向かってやっていると、後ろで仲間が吹き出していました


これまで何気なくテレビで見ていたタレントさんの動きも気になります。



・・・・・志村けん・・・・・上手かも




今日のお弁当

CIMG3787なんて無造作な・・・・

思いっきり寝坊しました 

しかも、卵なし、お肉なし、お魚なし、ご飯も昨夜の残りを朝ごはんにしちゃったら残りません。

ウインナーと玉ねぎのナポリタン
にんじんのソテー
舞茸のグラッセ

奥のマリネは友人の農家で作っている大根で
皮が緑色、中身は赤と白という、サラダ向きの甘い大根です。
名前を聞き忘れました

この内容ではお腹ふくらまないだろうな・・・・・

写真撮ってる時間ないでしょ!って怒られました(苦笑)

  今日のお弁当

CIMG3784

  牛肉の生姜煮
 キャベツのオムレツ
 ジャガイモとウインナーのカレー煮
 ほうれん草のおひたし

 カレーライスの翌日は、カレールーを作ったお鍋にこびりついたカレー粉をダシで溶いて
それでお弁当の素材を煮るのが定番になってます
ちょっとは余裕のある季節なので、ここの所は味見してますね。
  つまり普段は味見をしないってことですが・・・・


 
昨日は来年度の「たきかわオモシロ食育塾」の事業の打ち合わせに行きました。
今回の國學院大学短期大学部、初等教育学科、児童教育コース(長い
の稲作体験授業の手ごたえが予想以上に良く
通年のカリキュラムに組み込むことが決定し、本学への予算申請とまで行ってくれましたので

私の性格上、かな〜り調子に乗ってます

あぶないあぶない・・・・

しかし・・・・その通りで・・・・・
國學院へのサポートを続けつつ、次なるステップに登るにはあまりにも少ない塾仲間

それなのに、運営資金を工面して下さるという、ありがたいお話が舞い込み・・・・

 

頭の中はものすごく煮詰まっていました。

やりたいことは山ほど・・・・しかしこの人数で何ができる。
考えても考えても一歩も前に進みません。
資金の話をしてくれた農協の営農振興室にはおっかなくて行けません。

漠然とした思いはあっても
文書にならない・・・・・
具体的な計画が立たない・・・・





こんな時、持つべきものは友人です。

特に悩みを相談したわけじゃなし・・・・
励ましてもらったわけじゃなし・・・・
一緒に食事して、お喋りして、おもいっきり笑って



その翌日、
吹っ切れたように体が動きました。
しかも、たまたま座った農協のカウンターに置き忘れられていた一冊の冊子に、
まさに、自分が求めていた事のヒントが載っているじゃありませんか

次から次へとアイディアが浮かんできます。



人間・・・・そんなもんなんですね。


みんな、ありがとう

バレンタインデーでしたっ

末っ子は友チョコを山のように持って帰って来ました

なんという時代・・・・


私は近所のお菓子屋、ノガミさんでオリジナルの生チョコを夫に買い

そして、な、な〜んと!食育事業の打ち合わせに行った地元の高校で
家庭科の先生からチョコを頂きましたっ



そんな、チョコレートなんて普段からいくらでも食べられる私達。



デパートへ行けば、一口サイズのトリュフが一個500円とか、1000円という価格で売られて、それがまた平気で買われて行くのですね〜

商業王国、日本です。





ところで、
当然ですが、そのチョコレートを作るためには欠かせない原材料があります。




   カカオ ですね。



高級カカオの生産国は多くが発展途上国、西アフリカ。



ショートケーキより高いかもしれないチョコをほおばりながら質問です。

カカオ農家が1年に得られる一人当たりの収入はどれくらいだと思いますか?





年に30〜100ドルだそうです。



そんなろくに食べる事も出来ないような収入でも、
カカオを作るためには人を、労働力を雇わなければいけません。




そこで働かされるのが、子供の奴隷です。





奴隷って、世の中にはもういないと思っていませんでしたか?




カカオ農家の家族も、

当然奴隷の子供達も

「チョコレート」が何か知りません。食べた事もありません。



どうしてそんなことになってしまうの?



もしあなたがチョコレートを好きだとしたら

ぜひ、知っておいてもらいたいのです。


本と、サイトを下に紹介します。



チョコレートの真実 [DIPシリーズ]

チョコレートの真実   



フェアトレード情報室
    ・・・・・チョコレート生産現場
http://www.fair-t.info/ft-cocoa/child-slave.html



久しぶりに降りました

CIMG3779

今年の北海道は、例年あまり降らないところに大雪が降り、
いつも1メートルは積もるここ、滝川は少ないという珍しい状況です。

農業を営むようになってお天気に敏感になりましたが
改めて思うのは、
この18年間、一度として同じ、もしくは似た気象の年はありませんでした。

よく新聞などで、○○年の気象に似ている・・・・ということで
その年のお天気を予想する記事が出ていたりしますが
大抵は裏切られます

一昨年、地元の環境フォーラムで農業者としてパネラーを仰せつかった時に
お世話になったNHKのお天気お姉さん、フリーキャスターの菅井貴子さんが
ここ数年、「記録的」とか「百年ぶりの」「観測上初!」と表現されるような
激しい気象が増えてきたと言っていました。
温暖化現象が、単に気温が上がるという単純なものではないようです。


農家としては、特別豊作な年はいらない、
むしろ春夏秋冬、季節季節らしく、穏やかであればと願います


さてさて、厳寒の2月、私が好きな風景は
防風林の枝に積もった雪が、
風に舞って、端から順番に滝の水霧みたいに飛ばされる光景です。


あ・・・・私にはそのすてきな瞬間は撮れませんけど・・・

CIMG3781

このページのトップヘ