Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

2010年07月

7月12日

昨日、11日の夜は、地元で同じく農業者、そして夫の高校の同期でもあった
川田邦彦さんの1周年の追悼ライブに招かれて行ってきました。

彼の優しい人柄とギターの音色にひかれた人達が各地からたくさん集まっていました。
集っていたミュージシャンの方たちの演奏がすばらしくて、
改めて、邦彦さんってすごい人だったのだな・・・と思いました。

神様は、いい人から先に連れて行ってしまうのかしらと
そう思いたくなるくらい優しい人でした。

音楽でもダンスでも、きっと「自分自身」を前面に出したいというのが
表現したい人の本音の気持ちなのでしょうけれど
川田さんのギターは、むしろ仲間との輪を楽しんでいるように見えました。

本当の彼を知る人はきっとごくわずかの人なのでしょうけれど
それぞれが思う川田さんは、きっといつまでも変わらないで
心の中に生き続けるのですね。


0000227M









7月10日

昨夜書いたブログがなぜか送信しないままになってました
今日2つ目の更新です。

今日は、クリーニング屋さんへ行った以外はとにかくお家にずっといました。
ずっとずっと、台所をきれいにしたかったのと、床拭きがしたかったのでありました。
キッチンが雑然としていたからかなんなのか、料理にも気合が入りません料理にも気持ちのゆとりがなくちゃ駄目なんですね。

少しきれいになって、さっぱりしたところで 「あっ・・・・

BlogPaint



  もう無くなる・・・・


 一昨年は梅酒も梅シロップもたくさん作ったのです。
(ほとんど人に配っちゃいましたが)







   
ということで・・・・

BlogPaint
  あわてて作りましたが・・・

  梅がもう青くないのですよ
(7月ですからね〜

一晩たったら、すっかり浮いちゃってます
大丈夫かなぁ〜










私は家ではあまり飲みません。どうしても翌日を考えちゃうんです。
が・・・外に出るとけっこうイケます
多分アルコールそのものより、雰囲気に浸るのが好きなんですね。

最近は外に出るのも車で行くのでほとんど飲まず・・・・
たまにはゆっくり家で飲んでみたいと思うようになりました。

ちょっと片付いた居間で

BlogPaint 
  増毛の林檎園で作られた
  洋ナシのシードル。
  
  地元のバーテンダーのご夫妻に頂いたお土産です。
 ここのワイナリーの若夫婦が丹精込めて作ったリンゴのシードルはとても美味しいのです。


 長女の沖縄土産のグラスに入れて・・・・


うんいい雰囲気



ほろ酔い気分になったところで
遅いけど、やっぱりおつまみも欲しいでしょ・・・・

  CIMG2652
 輸入雑貨店の見切り品クラッカー
をたくさん買い込んでたので、
クリームチーズ に
白ワインで炊いたルバーブジャム×3
去年のブルーベリージャム
4種のみかんの渋炊きマーマレード
砂糖不使用の冷凍りんごジャム


  

  これで夫が寝ていなければベストなんだけどなぁ〜



7月9日

このところ、毎週金曜日は色々な手続きで札幌に来てます。

りんごの忙しい時期なのに、しかも今年は一番頼りにしていた
ベテランの出面さんが病気で来れなくて、作業が遅れがち・・・
なのに昨日、ということもあったけど、PTA友達との食事会に出してもらって・・・
笑顔で送り出してくれる夫に感謝です

お陰で精神的にリフレッシュできました。


さて、甘党の私の母は、金曜日は私の車で新規のお店を開拓して、何か美味しいものを食べるのを楽しみにしています。
私にしたらTime is monneyで、あっちもこっちも回らなきゃいけないから余裕はないのですが〜
ニコニコしてる母を見ると、1日で終わるのを2日かける気持ちでやるしかないなと思います。

新規といっても駐車場有り!が原則
ということで、今日は真駒内の「六花亭」の喫茶スペースへ寄りました。

そこに感動がっ

20100709150613 ピッツァにハサミ



 ご存知ヘンケルです。
 まるで、裁ちばさみのようなキレの良い輝き
ずっしりとした重さ









ピザは、ゴルゴンゾーラも入った三種のチーズたっぷりのもの。
それが、ハサミに熱々のチーズがくっつくことなく、スパッと切れますの

快感・・・・(by薬師丸ひろ子)

「買いたい・・・」  久しぶりの物欲でありました。


7月8日

昨夜は七夕でしたね。
あいにく、星も天の川も雲にさえぎられて見えませんでした。

そういえば、しばらく星も見てません。
昔は天体が大好きで、小学校5年生の時、
「将来日本のテレシコワになる!」
  ・・・・テレシコワ・・・人類初の女性宇宙飛行士(旧ソビエト)
な〜んて言ってたこともありましたね。
頭も体力も持久力も足りませんでした〜


このところ疲れがたまっているみたいで、電話の向こうの友人からも
「なんだか、元気ないけど大丈夫?」と言われ、
元気だけが取り柄の私としてはちょっとショック

2年ほど前は自分の向かう道がはっきり見えていたのに、
その道に向かうためにやってきた事が思った以上に他に派生しすぎて

ちょっと立ち止まって、もう一度足元を見る時期なのだ・・・
と思っています。


こんな時、仕事とはいえ、りん樹々の中にいると妙に落ち着くんです。
誰ともしゃべらないで、もくもくと・・・・
そもそも、私は無口なんですよ

うそばっかり〜って思ったでしょ????


とりとめなくこんな事を書きこんでるのは訳がありまして

お話のネタの画像をUPしようとしたんですが
なんだかlivedoorさん、混んでるみたいでいつまでたっても送られません。
ちょっと困ったのでした。

頑張れみんな!頑張れ私!
頑張ってねlivedoorBlog



7月5日

あちらこちらで雨は降るのに、どうしてここだけ降らないのでしょう
南の方では被害も出るほど、湿った空気が停滞してるとか・・・
均等には降らないものなんですね。

雨がないので、麦の背丈が伸びません。
りんご園もカラッカラ・・・・地面の草たちもヘバリ気味です。



さて、下の写真2枚、同じ枝を写したんですが
どこかが違います
あ・・・角度とか向きとかじゃないですよ〜

BlogPaint













BlogPaint















  正解はりんごの赤ちゃんの数でした
ちょっとわかりづらいかな?

7月3日

雨の予報70%・・・・なのにここだけ降らないのね。
降って欲しいのね。
乾燥するとね。りんごの枝が折れやすいの。
畑もね。いい加減水気が足りないの。
水田だって、いつでも水がひけますけど、あの、雨の刺激が
大事なのね。


さて 昨日の「北海道農業用語」の私流、解説といきましょうか

さいど
 漢字で書くなら「細土」 土を細かく耕す意味です。
 主に、一回トラクターなどの耕運機で起した畑の土を
 今度はトラクターの速度を遅くしてもう一度耕す事を言います。
  始めのうちは、「サイド」と聞いて、畑の側、周りだけ何かするのかと思
  ってました 


かるち
  畑に育った作物の列と列の間に雑草が生えないように、作物の列を避けて機械で土を耕すこと。トラクターの後ろに専用のアタッチメントをつけて行います。ちょっと油断すると作物ごと耕してしまうので、とても気を使う作業です。


でめん
  漢字では「出面」 出面さんと言います。
  古くはその日その日に日給が支給される季節労働者の事を指したら
  しいです。 農家で雇うパートの方々の事を、そういう呼び名で言いま   
  す。


まるち 
  マルチ・・・・作物を植える土をポリフィルムやビニールで覆う事です。
  黒、緑、透明など、目的によってビニールの色が違います。
  黒は、雑草を生えにくくするため。 透明は地温を上げるため。
  緑はどちらの役も果たします。


しょうず
  ズバリ小豆・・・・です。私は幼い頃から「アズキ」と読んでいたため、
  初めてショウズと聞いた時は、読み方間違ってるんだと思ってました
  


はしかい
  痛かゆい事です。
  お米の収穫時に出る「もみ殻」が顔や体についた時に、まさに「葉しか 
  い」がわかります


あんきょ
  土地の排水をよくするた、地下に雨水などの通り道を作る事です。

めいきょ
  「あんきょ」が土の下なら、めいきょ・・・は見えるところに作ります。


他にもまだまだ、就農した時に、家族や地域の人たちの口から聞いた
耳慣れない言葉がたくさんあった気がしますね〜
  











































7月2日

農業はじめて16年・・・
色々な事が当たり前になってきたこの頃
ふと思い出す、言葉の壁


さいど

かるち

でめん

まるち

しょうず

はしかい

あんきょ

めいきょ



はい  響きだけでわかる人

7月1日

蒸し暑い日が続きますね。

我が家はりんごの実摘みが続いていますよ。
実摘み・・・その名の通り、実を摘むんです。
数千本あるりんごの樹。花の咲き終わった後になったたくさんの実は、
そのままにしても、自然淘汰である程度は実が落ちますが
たくさんなる分、一個一個はとっても小さくなります。
そこで、実を摘みます。7割以上落とします
すごい手間です。

ま、その話はしばらく続くこの作業の合間に説明するとして


先日、ちょっと風変わりなお店に出会いました。


BlogPaint

札幌は南区、石山にある、その名も「石山地域食堂」

昔の倉庫だったであろう建物を改装して造られたようです。
外壁の札幌石が、とてもレトロな雰囲気です。

このお店、なんと
一週間の6営業日、毎日料理人が変わります。
当然、メニューも全く変わります。
お皿やグラス、カップの果てまで変わります。

しかも、ランチは飲み物以外、全てワンコイン500円


洋食、和食、手打ちそば、カレー、パスタ、ラーメン
一日のメニューバリエーションは少ないですが、毎日行っても飽きませんよね

行った日はカレーの日でした。スパイスが利いた、とても美味しいカレーでした


次回はメニューと素敵なお店の中も写してこようと思います。

このページのトップヘ