Riccoのりんご生活

lyrical農家生活 ☆ 今日はどんな事が起きるかしら?

コメント下さっている皆様、お返事できずにごめんなさい。
とりあえずは、レスをお待ちいただく間に更新しますねm(__)m



14日から25日までのヨーロッパ研修は無事・・・・ではありませんでしたが
それもこれも良い思い出となって終える事が出来ました。
長いようで全く足りない・・・それでいて日本に帰って来るとホッとした、初!!ヨーロッパ

報告書もちょっと長くなってしまったけれども書き終わり、熱が冷めないうちにこのブログへ残しておこうと思います。


さて、その前に・・・・

我が家の末っ子、第4子次女。
晴れて高校を卒業いたしました。

部活部活の毎日でした。

卒業式は粛々と流れ、送辞、答辞の言葉に多少ほろっときながらも無事終了。
しかし、卒業生退場の時に流れた、吹奏楽部のきれいな音色に胸が締め付けられました。
そして、娘が最後の定期演奏会でドラムを担当した「銀河鉄道999」が流れた時には
バックからハンカチを出さずにはいられなくなっていました。

3年間頑張ったね。 お疲れ様でした。

私のPTA活動も幕を閉じます。 
お姉ちゃんの幼稚園に始まって、末っ子の高校まで
早生まれの長女の3歳保育の始まりは、チビまるこちゃんの放映の始まった年でした。
歳とるわけです(笑)

春からは、大学生に・・・・なれるのか????


DSCF0380 昨年春、八重桜の頃

お昼にフライトして着いたのが日本時間の翌日明け方でした。
こちらでは夕方です。

機内で寝なかったので、ぐっすり眠り、すでに時差ぼけありません!


機内では映画見放題、2本みました。機内食もKLNオランダ航空よかったですよ

これからワイナリーにいきます。 

イメージ
写真はオランダの空港のショップ、さすが派手です

成田のホテルです。
 MacBook Air 活躍してます

相変わらずの雪ですが、JRで新千歳へ、そして一路成田空港へ
と意気揚々のはずですが・・・・




北海道から一緒に向かう隣町の女性が、インフルエンザ上がり
しかも、まだ熱があるらしい。
見た感じも、かなり辛そうです。
「よろしくお願いしますね」と言われたけど
・・・いえ、 日本じゃないし、無理です と思ってしまいました。


新千歳はものすごい人人人エスカレーター、エレベーターに乗るのも長蛇の列です。
スーツケースが大きいので避けて通るのも一苦労。

ああ・・・そうでした。
札幌雪まつり。世界のイベントだったのでした。


雪祭りといえば、雪祭り前日に末っ子の受験&北海道フードマイスターの講習会で札幌に行きました

その時に撮った写真



KIMG0153





初音ミクちゃん この二日後にまさか、この雪像が崩れようとは・・・(泣)


話は戻って新千歳空港

遅れてフライトしたANA2154
上空は不安定な状態のようで、濃〜い雲の中

時折、まるでエレベーターが上下するみたいに 

揺れる揺れる揺れる

あまりの気持ちの悪さに吐いてしまうかと心配しました

成田には20分ほど遅れて到着。しかも、着陸した滑走路から降りる場所まで遠いこと
そこからバスでさらに到着ゲートへ

歩みの遅い連れはひどく具合が悪そう・・・。

このあと、大丈夫かな・・・・・

KIMG0229


今日は大混雑の成田からのレポートでした。






もう2月に入っています。(今更ですが)

整理すると言いながら、ますます生活が秒刻みになるこの頃。


農業関係の各、総会も終わり、
新年会も一段落して、
来年度の計画と予算付けに四苦八苦しております。

スマフォにも何とか少しづつ慣れてはいますが、やはり 昭和な私には少々時間がかかるようです。


さて、近況をまとめてご報告いたしましょう。


○ 末娘が、突然方向転換して受けた美大に合格。
    ・・・・・しかも日本画・・・・自分の子ながらよくわからない

○ 「上手くなったね」の言葉に調子に乗って続けているDance、若者たちのグループになぜか入会

○ Mac Book air の11インチを手に入れる。 美しい
  が・・・・慣れず難儀・・・・昭和のせいにしておこう。
  とりあえず書類は全てこれに入れて持ち歩きたい。

○ ある農業関係の役員さんから昨年秋から、ある話を持ちかけられる。
 
   まさかね・・・・

   と思っていたら現実になりました。


   何って・・・・明後日から


   CIMG4747

   ちょっと遠くへ


   ちょと・・・・・ 


   初の ヨーロッパ  スローフード の勉強に出かけてまいります。  

   とりあえず前泊で、明日は成田へ

   25日まで頑張ってきます  

IMG_1452

     今年の北海道はシバレてます



2012年
今年も忙しくなりそうな予感・・・・
もう予感ではない。実感です。

やらねばならぬ事、やりたい事
ちょっと整理する年にしたいと思います。


4人の子供も一人づつ地元を離れ

一人づつ独立し

今年に春には末っ子が進学で家を出る予定。

二男も成人式を迎えました。


成長を嬉しく思うのは当然ですが、
こんなに忙しくしている私でも、寂しさを感ぜずにはいられません。

子育てのあの目まぐるしく過ぎて行った日々の自分が、なんとも頼もしく、懐かしく振り返る今です。


 
 「おにいちゃ〜ん!!おねえちゃ〜ん!!」

 スマフォの使い方、教えておくれよ〜   ・・・・それかい



皆様

明けましておめでとうございます。

天気予報とは裏腹に、とても穏やかな元旦の朝となりました。


 
昔はよく山に登りました。(本格的な登山ではないですが)
観光旅行に行くよりも、自然の中を歩くのが好きでした。
 
空知は見どころ満載の自然がたくさんあります。
結婚して長らく住むのに、ゆっくり見る事がなかったな。


大晦日の夜にふとそんな事を思いたって
元日の夜明けを目指して 車を出しました。



  初日の出

CIMG4730

 
期待に応えてくれたわけではないでしょうが、叫びたくなるような気持ちの良い御来光でした。


今年は4人の子どもの内、末っ子も高校を卒業して地元を離れる予定です。
長女は東京で頑張り、長男も就職先は本州本社の企業です。二男は成人式を迎えます。

 

世界平和を望むべくもない小さな人間ですが

明日に向かう子供たちの未来が、
この風景の光のように青空の中であればと願います。

今年も残すところ、一日を切ってしまいました。

去年に増して、なんとも忙しい一年でした。
そして、その忙しさに付き合って・・・・というか合わせて頂いた方々、
本当にお世話になりました。ありがとうございます。

忙しかった分、人の輪が広がりました。
来年はもう少し的を絞って深めて行きたいです。



今年あらためて心に響いた言葉がありました。



日本の農家は本来、家族単位で一所に居て、土地を耕し作物を育て、生計を立て
地域の人との協力で一生を過ごしていきます。

経済成長の中でその文化は必ずしも良しとはされず、
むしろ外へ出て行く事が文化人たる心得だと、皆が思いました。

「井の中の蛙、大海を知らず」

地域に残る事が取り残されたかのような・・・・


中国の故事からきたというこの言葉に、日本で続きがつきました。



「井の中の蛙、大海を知らず  されど空の深さを知る。」

ウェザーセンターよりも正確な天気を予報する農家のお爺さんがいます。
誰よりもこの地域の土を知る人がいます。
地元の自然を何十年も歩き、記録し続ける人がいます。

学者先生でも敵わない人。地域に必ず必要な人。

未曾有の災害時、日本が窮地に立った時、元来得意であったモノ作りに陰りが出てきた今
実は最も大切なことではなかったのかと思うのです。



・・・と真面目に話している場合でもなくて

忙しかったという事は、家の中もかなり放って置いたというわけで


大掃除がたいへん


というか、物が増えていて大変・・・。

物には何かしら思い出があるので捨てたくない性質。
でもそろそろなんとかしなきゃ・・・

年賀状もまだなんですよ。
母のと夫の実家、両家のは作ったのですけどね。

私のドタバタな日常は、年が明けても当分続きそうです(笑)


それでも  行く年  来る年

みなさま、良いお年をお迎えください。

2012年が、穏やかでありますように

SH3800600001


P.S

年忘れ、最後の大失敗

豪雪注意報の出た日に携帯電話を落としました(多分雪の上)

アドレスもまるごと無くしました(泣)

私の番号、アドレスは変わりませんので、皆様からの連絡をお待ちしておりますm(_ _)m


短大生の時に、仲の良かった5人の仲間がいました。


短大の教育学科は、思い描いていたキャンパスライフや4年生の文系大学へ進んだ友人のそれとはかなり違って、高校生活よりも厳しいカリキュラムで、しかもアルバイトもしていましたから、忙しい事この上ない生活をしていました。



その仲間たちとは、サークルも専科も違いましたが、なぜかいつも一緒でした。


その仲間の一人が、強烈な個性の持ち主で、ものすごく明るい性格の女性でした。



卒業した後、私以外は皆、幼稚園の先生や小学校教諭となり、月日と共にそれぞれの家庭を築いていましたが

彼女はある時から、青年協力隊として海外の後進国へ出向くようになりました。


十数年経つうちに、手紙のやり取りも途絶え、時々ふと、どうしているだろうと
実家に彼女の現在居る場所を聞こうかと思いながらも、日常に追われてそのままでした。




当時の仲間の一人から電話があり、
彼女は1年も前に亡くなっていた事を告げられました。



癌だったそうです。


私を含め、当時の仲間4人は誰ひとり知りませんでした。
2年前にたまたま帰国していた彼女と会って話をした友人さえも知りませんでした。



葬儀のとうに終わってしまった今、私たちは愕然とするしかなく
日々の予定や生活はそのまま流れていくしかありません。


当時の仲間と共に
今度、彼女の実家に行ってみようと思います。


昔々、みんなで過ごした時は 最近の記憶よりもずっと鮮明に覚えているのにね。




 向日葵みたいな人でした

今日は、國學院短期大学、初等教育学科 児童教育コースでの
稲作体験の収穫祭でした。

杵と臼で、10キロのお餅をつきながら、つきたてのおもちを6種類のトッピングで食べ、

お昼には大鍋で作ったお雑煮、学生たちが育てたお米で作ったおにぎり、

ボランティアの仲間たちが持って来てくれた自家製のお漬物がずらり


去年の経験から、今年は慌てることなく余裕を持ってできました。



食事の際は、今年も1年の作業風景をまとめたDVDを上映してくれた上、

手作りのプレゼントが・・・・・



CIMG4633

 ボランティアスタッフ13人全員に、コピーではなく、学生が1枚1枚手書きでしたためたカード



BlogPaint

 玉ねぎで染めたハンカチ



 自分で始めた事とはいえ、繁忙期にはさすがに疲れを隠せなかったこともありました。

 でも、これでまた来年も頑張ろうと、心に残る体験を、交流をしたいと思うのでありました。

 


冬の夕暮れは空気が凛と凍てついてきます。

とてもきれいだったけど、携帯のカメラならここまでですね。

スマートフォン欲しいなぁ


PAP_0678

 今日は風が強かったので、田んぼに波が出来上がっていました。
明日も縞模様が出来ていたら写そう。


私はコーヒーよりも紅茶が飲みなれていて好きです。

先日札幌へ出向いた際に、以前から友人に聞いて気になっていた紅茶専門店へ行くことができました。


PAP_0640  石渡紅茶



1階が洋菓子屋さんで、そこで頼んだケーキを階上の石渡紅茶のテーブルへ運んでもらえます。


おいしい珈琲を飲めるお店は多々あれど、紅茶はめったにありません。

ケーキと一緒だったけど、私はダージリンを頼みました。

リーフティもたくさんの種類が小売されていましたよ。

PAP_0642

 久しぶりに、とろけるような美味しさのケーキに遭遇 

 紅茶もケーキも幸せなお味でした 

 ありがとう


 
 女性ばかりのお店を見渡して思ったのが
 珈琲店には男性と入れるけれど、紅茶専門店は、殿方ってどうなんでしょうね?

 我が夫はきっと遠慮するに違いないでしょう〜(笑)


 家に紅茶が切れかけていたので、買ってくれば良かったと後になって気づいたのでした

PAP_0641 
  
  
 どこのお店もクリスマス仕様です。

 




このページのトップヘ